【士魂商才】「困った困った、続く。」〔GoodMorningMail(第334 号) 〕

2013年4月24日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【士魂商才】〔GoodMorningMail(第334号) 〕平成25年4月24日

■「困った困った、続く。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あっという間に月末に向かって行きます。先週から、
ロータリークラブの地区大会で貴重な卓話を拝聴したり、
IT交流会で新たな出会いを頂いたり、地元の仲間と旧交を温めたりと
たくさんのご縁を頂いた濃ゆい4月の後半でした。

その中で、
何人かのメルマガを読んでいただいている方と
実際にお会いして、それぞれの方から励ましを頂きました。

認識していただいていることに、自然と感謝の念が湧いてきて、
プラス思考になることを実感しました。
認識してもらえるということが、人の力になることだと実感しました。

■今日の言葉(100日100言その46)

地球に住む生命体に、宇宙は等しく天敵を与えた。
人間を襲い、むしばむ天敵。
それは心の中に巣くう不平不満である
…………………
藤尾秀昭著『ポケット名言集「小さな人生論」』P127より

※不平不満が溜まってゆくと、周りに影響を出すばかりでなく
自らの心身を蝕むことになるかもしれません。
できうる限り不満を持たないように心がけたほうが良いようです。

本日の配信は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「困った困った、続く。」】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

というテーマでお伝えします。

前々回、「困ったことは起こるもの」、前回、「何故、困る」
というタイトルで
配信させて頂きましたが、

困らないためには「準備」が大切である事と、
しかしながら結局はどうにもならないことがある、

という内容でお伝えしました。

■「調査の不備と統計の不備が敗戦を招いた」

これは先週、ユーオス・グループ九州支部の支部会にて
卓話を頂いた、「財団法人九州経済調査会」さんの
『設立の主旨』にある一節です。

表現は違いますが、準備不足が祖国を敗戦に導いてしまった
ということを言われているようです。
戦争の準備というと大変な話ですが、やはりどの分野でも
準備が大切だということを物語っています。

私事の話しをさせて頂くと、当社の会社、私の場合も
全くの準備不足、ほとんど行き当たりばったりの歴史でした。

逆に沢山のご縁にのみで支えられているように思います。

というのも、私が会社を設立したのは、
前職の会社が合併により無くなったためで、
合併会社に移籍する道もあったのですが、

ただ、

「会社を経営してみたい」

という思いだけで退職、独立しました。

■準備は順調に進んでいますか?

独立するにあたっては、概ね皆さん好意的に受け止めて頂きましたが、

幾人かの方々から

「事業計画作った?」

「準備は進んでいますか?」

という言葉を頂きました。

正直、何のことやらわからずに、

▼何を準備していいのか分からない

▼まだ何も初めていないのに計画って何?

のような状況です。

■当時、先輩経営者からは事業計画が大切だ、

と言われたのですが、トチ狂っていた私は、

「気合いだ」

などと意気込んでおり、ご想像の通り「敗戦」。。。

しかも、「気合い」で頑張ったがために、

「敗戦・終戦」の自覚なく、困った日々が続くばかり、

今となってはこの「準備不足」が何だったのか、
ようやく分かった程度です。

■しかしながら、この準備というのもまた大変なもので

ビジネスの場合、「事業計画」を作ることだけではなく、
それに基づいた具体的な環境づくり、

▼サービス作り

▼社内体制作り

▼人間関係作り

▼顧客作り

▼資金作り

などなど、あらゆる準備をしなくてはならなかったというのが
その真実だったようです。

■「田んぼに苗を植える前に、畦をはらう」

田んぼに苗を植えるだけでは、収穫は見込めません、

その周辺の整理整頓、地ならし、などなど、
目に見えている以外のことが、ことのほかたくさんあります。

まさに「氷山の水面下の部分」です。

この氷山の水面下の部分の見落としを、
出来るだけ少なくしなければ事がなりません。

大事なことは、準備、周りの整理整頓、地ならし、などなど。
これらを怠ると、困ったことは次々と続いて行きます。

ご理解の程を、、、

それでは本日も宜しくお願い致します。

※バックナンバーはこちらです。
http://www.next-jp.net/category/blog

※本メールは当社社員が名刺交換をさせて頂きました方々に
配信させて頂いております。

不要な方は、大変お手数ですが下記のサイトより
配信停止の手続きをお願いします。

お手数をお掛けし恐縮ですが、
宜しくお願い致します。

メール配信停止
http://r34.smp.ne.jp/o/Pg/273553/k7xfAgH7ci0D/out?mail_stop=mfs

文責/森島 潔
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
http://www.next-jp.net/
NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【士魂商才】「何故、困る」〔GoodMorningMail(第333号) 〕

2013年4月10日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【士魂商才】〔GoodMorningMail(第333号) 〕平成25年4月10日

■「何故、困る」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日は、長男の高校の入学式に行って参りました、
近頃の、というか都会の子どもたちは実に堂々としています。

自分の高校入学のことを考えましたが、
ただオロオロとするばかりだったことを思い出します。

入学式での先生の話で興味深かったのが、

「『自力』で学校に来るように」

という言葉、

今日では保護者が学校まで送り迎えする事が多いらしく、
周辺の方々が子どもの送迎渋滞で迷惑している、とのこと

世情でしょうか。

■今日の言葉(100日100言その46)

素晴らしい人生とは何事にも一瞬一瞬を完全燃焼する、
その連続である
…………………
下村満子(ジャーナリスト)

※高校生も我々大人も同じ命題を持って生きているように思います。

本日の配信は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「何故、困る」】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

というテーマでお伝えします。

前回「困ったことは起こるもの」というタイトルで
配信させて頂きましたが、

実際「困ったこと」は日々当たり前のように起きています。

■「日頃の行いだ」

いっつも失敗ばかりしていた私ですが、
小さい頃から祖母に「日頃の行いだ」と言われていました。

翌日の学校の準備が疎かだから、出掛けにバタバタする、

「だから言っといたのに」、

という具合に、「困ったこと」のその多くが準備不足にあります。
まさしくその通り、

ただ、遠足などのイベントの時に雨などが降っても、

「日頃の行いだ」

と言われて、閉口していたこともありますが。。。

要するに、普段きちんとやっていたらその「困ったこと」の
半分くらいはなんとかなるのではないかということです。

■でも、雨は降る、、

物事には何につけてもこの2つがあります、
「私の事」と「世の中の事」と言ってもいいでしょうか。

以前読んだ、鍵山秀三郎さんの著書に、ご両親のお話しがありました、

疎開先で農業をされていた時のお話しで、

田んぼや畑仕事をする前に、必ず、その周辺の草刈りをして
仕事を始められるという話でした。

「本来の仕事をする前に、その周辺を整える」

事で、人の出入りや農耕具の出し入れがスムーズになり
本来の仕事が捗る、といったことでしたが、自分のことに
立ち返ってみると、確かに、周囲をキチンとしておかないと
あとでそのことが足枷になる、ということがよくあります。

しかしながら、折角手をかけて育てた農作物も台風や大雨で
台無しになることもありますが、その時でも鍵山さんの
ご両親は文句をいうことなく、また、同じ作業を黙々とされていたそうです。

結局、雨は降るのです。

■これは普通に、
どちらの農家さんでもあることだと思いますが

折角、準備万端に頑張っても、自然の力には抗えない、
どうあがいても、外部環境に左右されてしまう、
ということだと思います。

結局は「困ったこと」は起きてしまうということです。

そうそうは、「自由奔放に」「私の都合よく」は許されないのが
世の定めなのでしょうか。

しかしそれでもやめてしまうわけには行かない、
これで生きてゆくしかない、ということであれば少しでも
これを何とかせねばならないところです。

であれば、

▼「困ったこと」がなるべく起こらないように準備する、

▼「困ったこと」が起きても動じない心をつくる、

▼「困ったこと」が起きても何とか出来るように予防策を持っておく、

これしか無いようです。

■「何故、困る」かは、【準備不足と外部要因】

が答えですが、早くこれらのネガティブな状況を払しょくするために

次回は、

▼「困ったこと」がなるべく起こらないように準備する、

をテーマにお伝えしたいと思います。

それでは本日も、一日宜しくお願い致します!

※バックナンバーはこちらです。
http://www.next-jp.net/category/blog

※本メールは当社社員が名刺交換をさせて頂きました方々に
配信させて頂いております。

不要な方は、大変お手数ですが下記のサイトより
配信停止の手続きをお願いします。

お手数をお掛けし恐縮ですが、
宜しくお願い致します。

メール配信停止
http://r34.smp.ne.jp/o/Pg/269156/bBOEfkH7ci0D/out?mail_stop=mfs

文責/森島 潔
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
http://www.next-jp.net/
NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【士魂商才】「困ったことは起きるもの」〔GoodMorningMail(第331 号) 〕

2013年4月09日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【士魂商才】〔GoodMorningMail(第331号) 〕平成25年4月8日

■「困ったことは起きるもの」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

福岡では、桜もほとんど散ってしまっていますが気候的には
「花冷え」でしょうか、少し寒い日が続きます。

桜が入学式まで待ってくれなかった、、、という状況です。しかし、
入学式に桜が咲いていたのは、何時までくらいだったかと思い返しますと、
あまり明確な記憶がありません。

テレビなどで「入学式=桜」を刷り込まれてしまったかなぁ
と、認識を再確認しているこの頃です。

■今日の言葉(100日100言その45)

最大のリスクは、何事にも打ち込むことなく
人生が終わることである。
…………………
高島 宏平(オイシックス株式会社代表取締役社長)

※昨日、TVに出演されていた「オイシックス」の高島社長
の言葉です。はるかに若い人に人生を教えられています。

本日の配信は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「困ったことは起きるもの」】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

というテーマでお伝えします。

■先週、メールの誤配信をしてしまい、ご迷惑をお掛けしました。

現在、対策や予防措置について社内で協議をしている最中です。

今回のことについて結果的には(あえて不謹慎な言い方をすれば)、

「いつでも困ったことは起きてしまう」

「起きるべくして起きてしまった」

と思っています。

今回のトラブルの理由は「コミュニケーション」の不足でした。
業務そのものの引き継ぎや担当者間での連絡、手順、ルールが
徹底していなかったのが原因です。

当然、こういったサービスはあるべき論で言えば、

「いろいろな事態を想定しておく」

ことで、どこかに問題があっても、
こうしたミスを防ぐべき仕組みが必要であると考えています。

今回、社内のこの仕組が非常に脆弱だったのが真の原因でした。

■実は現在、当社では社内のシステムを変更しています。

これはコンピュータシステムではなく、

「組織」や「手順」「ルール」など、会社の仕組みを変えています。
これは組織を拡大してゆくための「準備」と捉えていますが、

これまでの仕組みでは十分にお客様に満足いただけなかった事が多く、
今回これを解消するために仕組みを根本的に変えてゆくことが
その目的の一つです。

今回のメール配信のトラブルは、

「サービスの属人性」から来ておりました。

これまでメルマガを配信していました担当者が、3月末に退職となり、
この業務を引き継ぐ中で、「引き継ぎ」というイベントは
実施したのですが細かなチェック項目の確認ができていませんでした。

逆に言うと、

こうした細やかなことが、業務を執行するその個人だけに依存してしまっている、
ということの象徴的な出来事となってしまいました。

無論、何事も仕組みや手順だけで成り立つものではありません、
業務を担うそれぞれの「人」が中心となります。

あくまでも、個人がしっかりと責務を果たすことは大前提ですが
あまりにもそこに頼りすぎると、エラーが発生しやすくなります。

ですので、こうしたエラーが起きないように
何らかの手立てを打つことが必然的に発生してきます。

■こうしたように、

ただ単純に「メルマガを発信する」ということだけでも

「困ったことは起きるもの」です。

「氷山の一角」と言いますが、現象化している1面を支える水面下にあるものが、
現象を大きく左右しているのではないかと考えます。

「困ったことは起きるもの」についても、

「困ったこと」の水面下に何か大きなものがあるのではないかと思います。

「因果応報」「情けは人の為ならず」などの言葉にあるように
何らかの因果論や仕組みがあるはずですので、その対処方法も必ずやあるとおもいます。

今後できるだけ「困る」事のないようにするためにも、
しばらくこれを探ってみたいとおもいます。

※そう言えば「困る」という文字は「因果応報」の「因」でした、
原因という文字は、そもそも「困った」が含まれているのですね。

(次回に続けます。)

それでは本日も、一日宜しくお願い致します!

※バックナンバーはこちらです。
http://www.next-jp.net/category/blog

※本メールは当社社員が名刺交換をさせて頂きました方々に
配信させて頂いております。

不要な方は、大変お手数ですが下記のサイトより
配信停止の手続きをお願いします。

お手数をお掛けし恐縮ですが、
宜しくお願い致します。

メール配信停止
http://r34.smp.ne.jp/o/Pg/268643/J6353EH7ci0D/out?mail_stop=mfs

文責/森島 潔
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
http://www.next-jp.net/
NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【士魂商才】「賭博師の罠」 〔GoodMorningMail(第330号) 〕

2013年4月05日

★★★【お詫び】★★★

昨日、メールマガジンの誤配信をしてしまいました。
システムの誤動作ではなく、配信サービス手順という仕組みが
不完全なため人為的なミスを引き起こしました。

ご指摘を頂きました方々に御礼を申し上げると共に、
お詫びを申し上げます、申し訳ございません。

サービス手順の見直し、ルールの再確認をしたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【士魂商才】〔GoodMorningMail(第330号) 〕平成25年4月3日

■「賭博師の罠」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今日の言葉(100日100言その44)

謙虚な自分をいつも見つめていないといい仕事はできません
…………………
飯尾昭夫(BMWを日本一売った伝説のセールスマン)
『致知』2013年2月号 特集「修身」より

※安定継続は謙虚さの結晶かもしれません、
ミスなく繰り返してゆくことがいい仕事の第一歩のようです。

本日の配信は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「賭博師の罠」】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

というテーマでお伝えします。

火曜日の夜は久々のロータリークラブの会合に参加しました。
(1回休んだのですが、毎週のことなので1回休むと久々に感じます。)

毎回毎回、
経験豊富な経営者の先輩諸氏の貴重な体験をお聞きできる
非常に大切な時間となっています。

まさに「Priceless」(値踏みのできない,きわめて貴重な)
な時間です。

毎週開催されるロータリークラブでは、
冒頭に会長のスピーチを聞かせて頂きます。

毎回いつも耳にしたことのないお話しを聞かせて頂いていますが
先日は「賭博師の罠」というお話しをお聞きしました、

■根拠の無い期待

ルーレットで赤が5回ほど続くと、

「次こそは黒が出る」と、

人は無意識に思うそうです。

あるいは、負けがこんでくると,「次こそは勝つはずだ」などと、
根拠の無い期待をしてしまうそうです。

しかしながら、ルーレットの「赤」か「黒」かで言えば、

確率は「1/2」。

これは試行の数が多ければ多いほど確率の数字が現象として
現れてきます。

こうした中でも人間は、

「赤が5回出たから、そろそろ黒が出る」

「信じる者は救われん」

などと、確率論を忘れてしまっては、因果関係を勝手に作ってゆくものだそうです。

■確率論と因果関係論

スポーツ選手やギャンブラーにはジンクスを持っている人が多いと聞きます、

「ツキを呼ぶお決まりの動作やルーチンワークで良い精神状態にしよう」

というものであると思いますが、

これも自己の中で、結果を導き出すための因果関係を、
意図的に作ろうとしているようで、これは過去の経験に基づいた、

「確率の上げ方」

というものでしょうか。

■意思決定のために、

我々は過去の経験をとても重視していると思います。

とても重視するというより、ついつい過去の経験を基準に
物事を考えます、当然のことです。

よほど素直な人で、他人から教えてもらったことを、
即座に理解・実践できる人でもなければ、
経験したが意思決定の最大の要素となります。

ただ、上記のように自ら作り上げた因果関係論での経験則には

「ギャンブルに強いと自認している人は、大勝ちした記憶が鮮明に残っている」

「その一方で、スランプ状態の損失を忘れている」

こうした誤った認識が潜んでいる危険があるそうです。

こうしたありありと感じられる経験も、曖昧な記憶による
幻想かもしれません。

誤った認識は誤った信念を形作り、結果として、
誤った結果をもたらすことになりかねないようです。

日々それぞれの立場で難しい「意思決定」をしなければならない我々ですが、

経験を基準とし、それ自体も大切にしながら、場合によっては、
それを疑ってみる謙虚さをもかね合わせて持つことが
が非常に重要になってくると思います。

私たちの認知や経験は、人生を形作る大切な手段です、
それを疑うことは、自ら不安を呼び起こすことになりかねませんが、

時には大いなる勇気をもってそれを疑い、正しい認識のもとに
経験を積むことが、良い結果をもらたす一つの試みとなるのではないかと
考える次第です。

それでは本日も、一日宜しくお願い致します!

※バックナンバーはこちらです。
http://www.next-jp.net/category/blog

※本メールは当社社員が名刺交換をさせて頂きました方々に
配信させて頂いております。

不要な方は、大変お手数ですが下記のサイトより
配信停止の手続きをお願いします。

お手数をお掛けし恐縮ですが、
宜しくお願い致します。

メール配信停止
http://r34.smp.ne.jp/o/Pg/267920/KHOzjBH7ci0D/out?mail_stop=mfs

文責/森島 潔
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
http://www.next-jp.net/
NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【士魂商才】「賭博師の罠」 〔GoodMorningMail(第330号) 〕

2013年4月04日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【士魂商才】〔GoodMorningMail(第330号) 〕平成25年4月3日

■「賭博師の罠」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日は、「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)」の
ISO27001認証取得のコンサルの一日となりました。

ご存じの方も多いと思いますが「ISO27001:ISMS」とは、
企業や組織の情報セキュリティに関するマネジメントシステム
(組織の仕組みづくり)の国際規格の標準です。

当社では、3年前よりこの規格の認証取得のコンサルティング業務を
行なっていますが、コンサルティングをさせていただきながら、
世情によってうつりかわる企業組織のあり方を常に考えさせられる
機会を頂戴しています。

コンサルをさせていただくことで、クライアント企業の組織が
強くなってゆくということを考えると、とてもやりがいのある
仕事になっています。

■今日の言葉(100日100言その44)

本日の配信は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「一期一会」】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

というテーマでお伝えします。

そして、夜は久々のロータリークラブの会合でした。

毎回毎回、
経験豊富な経営者の先輩諸氏の貴重な体験をお聞きできる
非常に大切な時間となっています。

まさに「Priceless」(値踏みのできない,きわめて貴重な)です。

■出会いを大切にする

「一期一会」という言葉からいつもこう連想していました。

たしかにこの言葉は茶道に由来し、

二度とないこの大切な時間を
生涯に1回しかない時間と捉え、相手に最高のおもてなしをする、

という意味で広く知られています。

瞬間、瞬間を大切にするという意味でも、
とても大事な言葉だと思いますが、昨今思うのが、

一度与えられた「ご縁」をいかに長く大切にできるか、

という意味でも、とても大切なことであると感じています。

■ビジネスのあり方として、

▼できるだけ良い関係を長く続けること、

▼世の中の状況が移り変わろうが、変わらない関係を保つこと、

▼あるいはどんどんと良い関係になってゆくこと

遅ればせながら、こうしたことを当たり前にできる事が
最も重要ではないかと思うようになりました。

(婚姻の誓いではないですが、)
お互いの状況が、健やかなる時も病めるときも変わらず
思いやることが出来る関係、やはりこれが理想のように思います。

■4月を迎えて感じたことは、

今年の年度始めの状況としてはここ数年で初めてといえるほど、
仕事に恵まれた、あるいは「根が張れた」状況にあります。

これも長い間お付き合いを頂いた、お客様やパートナーの皆さん、
そして社員の皆さんに

「健やかなる時も病めるときも」

支えて頂いたお陰です。

今日は会社を作ってはじめて4月の年度始めを「昼食会」でスタートしました。

少ない人数ですが、社員とパートナーさん9名での「昼食会」です。
簡単なお弁当での食事でしたが、今までとは違った春の一日です。

穏やかな春の日に「一期一会」という言葉を身近に感じた日となりました。

それでは本日も、一日宜しくお願い致します!

※バックナンバーはこちらです。
http://www.next-jp.net/category/blog

※本メールは当社社員が名刺交換をさせて頂きました方々に
配信させて頂いております。

不要な方は、大変お手数ですが下記のサイトより
配信停止の手続きをお願いします。

お手数をお掛けし恐縮ですが、
宜しくお願い致します。

メール配信停止
http://r34.smp.ne.jp/o/Pg/267556/d3bK84H7ci0D/out?mail_stop=mfs

文責/森島 潔
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
http://www.next-jp.net/
NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【士魂商才】「一期一会」 〔GoodMorningMail(第329号) 〕

2013年4月02日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【士魂商才】〔GoodMorningMail(第329号) 〕平成25年4月1日

■「一期一会」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

諸事情、諸々で半月ぶりの配信です。
福岡では、もう桜も終わり、
入学式にはわずかの花びらとなりそうです。

相変わらず日々に追われていまして、特にこの時期は、
3月までの仕事の後始末と新年度の新しい仕事の調整に
大わらわですが、

仕事のことで慌ただしいのはありがたいことで
あとはこちらの整理次第、新年度の新しい仕事に向かって、
一つ一つの出会いを大切に、と考える次第です。

■今日の言葉(100日100言その43)

一里を歩んで佇む人がいる
一里を歩んで力をつける人がいる
二里を歩んで休む人がいる
二里を歩んで汗の充実に感動する人がいる
三里に向かって足の動かない人がいる
三里に向かって燃え出そうとする人がいる

※つづけることは常に第一歩から始める若々しい勇気と希望を持つことである
つづけてこそ道なのである
…………………
石川洋(托鉢者)

本日の配信は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「一期一会」】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

というテーマでお伝えします。

年度末から新年度に変わるこの時期、少し寂しい別れや、
新しい出会いの季節で、また、環境が変わり慌ただしい時間を
過ごすようになります。

■出会いを大切にする

「一期一会」という言葉からいつもこう連想していました。

たしかにこの言葉は茶道に由来し、

二度とないこの大切な時間を
生涯に1回しかない時間と捉え、相手に最高のおもてなしをする、

という意味で広く知られています。

瞬間、瞬間を大切にするという意味でも、
とても大事な言葉だと思いますが、昨今思うのが、

一度与えられた「ご縁」をいかに長く大切にできるか、

という意味でも、とても大切なことであると感じています。

■ビジネスのあり方として、

▼できるだけ良い関係を長く続けること、

▼世の中の状況が移り変わろうが、変わらない関係を保つこと、

▼あるいはどんどんと良い関係になってゆくこと

遅ればせながら、こうしたことを当たり前にできる事が
最も重要ではないかと思うようになりました。

(婚姻の誓いではないですが、)
お互いの状況が、健やかなる時も病めるときも変わらず
思いやることが出来る関係、やはりこれが理想のように思います。

■4月を迎えて感じたことは、

今年の年度始めの状況としてはここ数年で初めてといえるほど、
仕事に恵まれた、あるいは「根が張れた」状況にあります。

これも長い間お付き合いを頂いた、お客様やパートナーの皆さん、
そして社員の皆さんに

「健やかなる時も病めるときも」

支えて頂いたお陰です。

今日は会社を作ってはじめて4月の年度始めを「昼食会」でスタートしました。

少ない人数ですが、社員とパートナーさん9名での「昼食会」です。
簡単なお弁当での食事でしたが、今までとは違った春の一日です。

穏やかな春の日に「一期一会」という言葉を身近に感じた日となりました。

それでは本日も、一日宜しくお願い致します!

※バックナンバーはこちらです。
http://www.next-jp.net/category/blog

※本メールは当社社員が名刺交換をさせて頂きました方々に
配信させて頂いております。

不要な方は、大変お手数ですが下記のサイトより
配信停止の手続きをお願いします。

お手数をお掛けし恐縮ですが、
宜しくお願い致します。

メール配信停止
http://r34.smp.ne.jp/o/Pg/266829/CgWQ2eH7ci0D/out?mail_stop=mfs

文責/森島 潔
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
http://www.next-jp.net/
NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【士魂商才】「愚痴は言わずに前を向け」〔GoodMorningMail( 第328 号) 〕

2013年3月13日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【士魂商才】〔GoodMorningMail(第328号) 〕平成25年3月13日

■「愚痴は言わずに前を向け」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は福岡市内は「雨」が降っております、
気温も22度と蒸し暑さも感じる気候です。

春の足音と同時に、年度末の仕事納めがヒタヒタと近づいて
気の引き締まる今日このごろです。

■今日の言葉(100日100言その42)

口は人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう
耳は人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう
目は人のよいところを見るために使おう
手足は人を助けるために使おう
心は人の痛みがわかるために使おう
…………………
腰塚勇人(「命の授業」講演家)

※『致知』2013年3月号 特集「生き方」より

本日の配信は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「愚痴は言わずに前を向け」】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

というテーマでお伝えします。

ありきたりの言葉は使うことも憚られますが、
同じ言葉でもそれを使う人によって重みが違うものです。

言葉と立ち居振舞いはセットでないと効果はないですね、
「言動一致」「有言実行」ということでしょうか。

「人徳」という言葉もこの辺りが中核にあるように思います

■昨日、大先輩の経営者の方と

ゆっくりと話しができる機会を頂きました。

※ゆっくりといっても5分間ですが、私にとってはとても長い時間でした。

地元の起業家で、
70歳を超えてなお新しいビジネスに関心を持たれ
意欲的にあらゆることに取り組まれている経営者の方です。

「やっぱり楽しくやらなきゃダメですね」

「仕事をガンガンやって、そして楽しく人付き合いをする」

「そしてそれを楽しめる人でなくては上手くゆかないようです」

話の途中から、こうした経営者のあり方みたいな話になりました。

■成功している経営者の100%が、

周囲の人とうまくやって行ける人、だそうです。

これは必ずしも「社長」さんだけというわけではありません。
いわゆる会社の経営陣。

当たり前の話ですが、この経営陣が会社の「意志」を形作り
そして、組織が実行してゆく、これが経営です。

「意思を持つ」、これは個人でも同じ事で、主体性があり、
しっかりとした意思を持ち、それが周囲に認められて、
まわりと上手くやって行けている人は尊重され、
しっかりと実績を上げられています。

会社も同じ事で、しっかりとした人格を持ち、
「関係先」と上手くやって行ける会社でないと伸びないそうです。

そして、同席されていた別の経営者の方が言われていたのが、
この関係先のことです。

▼お客様

▼社員

▼パートナー

▼地域

▼株主

これが会社の関係先と定義されていて、
それぞれに貢献しなければならない、こう言われていました。

■より多くの人に奉仕する

そしてまた、大先輩起業家はこうも言われていました。

これはキレイ事ではなく、より多くの人に
喜んでもらうことで、その対価を受けることができる。
という意味だそうで、何につけてもポジティブなのです。

何かにつけ、困難な状況を口にしてしまいがちな小職ですが、
さすがにこの先輩の前では後ろ向きの発言はできません。

「頑張ります!」

としか言えませんでした。

■経営者は、

「愚痴は言わずに前を向け」

「周りの人と良好な関係を築け」

「より多くの人に喜んでもらえ」

まさしく叱咤激励に聴こえました。またまた、神の声です。

それでは本日も、一日宜しくお願い致します!

※バックナンバーはこちらです。
http://www.next-jp.net/category/blog

※本メールは当社社員が名刺交換をさせて頂きました方々に
配信させて頂いております。

不要な方は、大変お手数ですが下記のサイトより
配信停止の手続きをお願いします。

お手数をお掛けし恐縮ですが、
宜しくお願い致します。

メール配信停止
http://r34.smp.ne.jp/o/Pg/259852/de_j2bH7ci0D/out?mail_stop=mfs

文責/森島 潔
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
http://www.next-jp.net/
NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【士魂商才】「神様の声」〔GoodMorningMail( 第325号) 〕

2013年3月12日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【士魂商才】〔GoodMorningMail(第327号) 〕平成25年3月12日

■「神様の声」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日は3月11日、近代日本にとって幾つ目かの大きな出来事の日でした。

震災から2年テレビでも進まぬ復興へのいらだちや、
現地での何ともやるせない事情を垣間見ました。

試練や苦難という言葉では済まされない出来事が、
同じ国の中で起こったことをあらためて心に刻まければ
この国の今後の正しい発展は内容に思いました。

■今日の言葉(100日100言その41)

人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは
苦しくて辛いことです。
しかし、日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、
その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。
だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして笑顔を。
見せましょう、日本の底力、絆を。
…………………
阿部翔人(石巻工業高校硬式野球部主将/2012年センバツ甲子園での選手宣誓)

※『致知』2012年7月号 致知随想「石巻から甲子園に届けた思い」より

本日の配信は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「神様の声」】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

というテーマでお伝えします。

■ReBORN

トヨタ自動車のCMのテーマで、
戦国時代を飾った役者が登場していますがこれも震災が起点になった
CMのモチーフがいろいろと用意されているようです。

2年前の震災も「啓示」として語られる方もいますが、
被害にあった方々の事を考えると「啓示」という言葉を使うのも
憚(はばか)れますが、新しく一歩を踏み出すには、
いろいろな出来事を教訓、啓示として捉えないと切なさだけが
残ってしまいます。

やはり、人は前に進むことを考えざるを得ません。

■昨日、これから新たに取引をさせて頂く

企業の社長さんとお話しをさせて頂きました。

同じIT業界の大手の会社さんなのですが、やはり、昨今の事情は
我々の業界には逆風で、特に地方、福岡ももれなく
厳しい状況であるとのことでした。

こうした中で、その会社の戦略は、

・既存事業はお客様の絞り込み

・新規事業はサービスの絞り込み

こうした2本の考え方で事業に取り組まれるそうです。

■振り返ると

当社も2008年のリーマン・ショックの影響でそれまでの事業の
縮小を余儀なくされ、新しいことに取り組まなければならない
状況が生じました。

それから、いろいろなビジネスを取り組んで来ましたが
やはり紆余曲折の連続でした。

なかなか思う通りにはいかない、というのが正直な感想です。

しかし、こうした取り組みをしたおかげで、

・社員が増えた

・賛同してくれる方々と御縁ができた

・将来に向かう道筋見えてきた

などなど、明らかにしたい事が少しずつ、少しづつ出来てきました。

■そうすると

昨日の社長さんとの会話の中でも、まさに

「神の声」

というような言葉として受け止めることができるようになるようです。

具体的に言うと、「選択と集中」と概念のような言葉が、

▼深堀りしてゆくお客様はどこなのか

▼それは誰と誰が実行するのか

▼強化してゆくサービスは何か

▼強化するということは何をしなければならないのか

▼それは何を用意しなければならないのか

▼それを誰と誰が実行するのか

という風に、具体的にイメージできるようになってきます。

■こうなるとしめたもの、

という風に考えるようになります。
つまり、攻めどころが見えてくるということです。

ただそれが成功するとは限らないのですが、
その成功の確度を高めるために、やることの精度を上げてゆく
ことも具体的に考えられるようになりそうです。

■こうしたこともあって、

まわりの人の言葉が、

『ひとつひとつ「神の声」に聞こえてくるとラッキー』

という風に近頃は感じて来ました。

正直なところ以前であれば素直に聞けない自分でしたが、
(100%素直になれているかといえば全くそうではないのですが、)

いろいろと行ってくれる人の言葉がありがたく感じている
今日このごろです。

松下幸之助さんも「素直の達人」「素直の有段者」に
なりなさいと言われていたそうですが、
ようやく、なるほどと思えるようになりました。

やっと「一歩前進」

というところでしょうか。

それでは本日も、一日宜しくお願い致します!

※バックナンバーはこちらです。
http://www.next-jp.net/category/blog

※本メールは当社社員が名刺交換をさせて頂きました方々に
配信させて頂いております。

不要な方は、大変お手数ですが下記のサイトより
配信停止の手続きをお願いします。

お手数をお掛けし恐縮ですが、
宜しくお願い致します。

メール配信停止
http://r34.smp.ne.jp/o/Pg/258836/jD2tkfH7ci0D/out?mail_stop=mfs

文責/森島 潔
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
http://www.next-jp.net/
NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【士魂商才】「『炎』と『炭火』」〔GoodMorningMail(第326号 ) 〕

2013年3月06日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【士魂商才】〔GoodMorningMail(第326号) 〕平成25年3月7日

■「『炎』と『炭火』」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

残念ながら会社のシステム変更に小職がついて行けず、
メルマガの配信が滞ってしまいました。
ご心配をお掛けした皆様にはお詫び申し上げます。

さて、
北海道の読者の方には恐縮なのですが、福岡は一雨ごとに、
春めいて参りました。
夜明けも早くなりウキウキしてきた反面、今日で2月も終わり
やるべきことの未消化分の山積みに「焦燥感」を覚えるこの頃です。

日々の心構えとしてこの「焦燥感」を持たないよう、一日一日を
しっかりとこなしてゆかなければ前進もないように思います。

■今日の言葉(100日100言その40)

「龍となれ 雲おのずと来たる」
………………………………………………………

※昭和の文人、武者小路実篤氏はよくこの言葉を色紙に書いたそうです。

雲は龍が天を縦横にかける働きを助け、地には大いなる恵をもたらします。
雲はまた徳望を表しているともいえます。徳望を失った龍は地に落ちる。

上に立つ人はすべからく徳望がなくてはならないという教えでもあるようです。

武者小路実篤(月刊「致知」の一日一言より)

本日の配信は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「『炎』と『炭火』」】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

というテーマでお伝えします。
前回の配信からあっという間に2週間が過ぎて、まだまだ
世の中の流れについって行けていないと感じています。

これに連動して、というわけではないですが、
考え方をもう一つ変えねばと思っています。

今日はその一部の考え方をお伝えしたいと思います。

■歯を食いしばって

いろいろなことの中で、一生懸命に、「歯を食いしばって」
という気持ちでやってきておりますし、これかもそうありたいと
考えている次第なのですが、、、

ただ、ここに来て、思うのが、

「計画を持って」や「ストーリーを持って」

やっているのかといわれると、

・・・・

そんな感じなのです。

■事業計画

以前もお伝えしましたが、振り返れば
前職にて作成していた事業計画は、数字のみのもので
上司や本社への作文でしかなかったように思います。

その当時は、それなりに真剣に考えていたとは思うのですが
目標を達成するための道標にはなってなかったように
思うのです。

違う言い方をすると、数字を達成するためだけの計画で、
お客様や社員などのステークホルダーに対する想いは
込めていなかったように思います。

■自社の事業を考えると

企業理念を協議したり、事業方針を練ったりしていると

事業計画はこの理念、方針を実現するための

「道標」「筋書き」

であるということに気づきました。

※相当に気付くのが遅いのですが。

ですから、『炎』のような思いがあっても
なかなか順調に行かず、何故だ何故だを繰り返し、
いつもいつも振り出しに戻る感じがあるのです。

更に言うと、『炎』のような思いで仕事をすることが、

「苦行」「荒行」になり、へこたれてゆく

そんな状況に追い込まれるように思います。

いわゆる「追いかけられ続ける」状態です。

■長い道のりを

長い道のりを進んでゆくためには『炎』のような情熱が
当然必要なのですが、理念や方針を実現するために
遥か遠くを見つめて静かに燃え続ける、

『炭火』のような粘り強い心もまた、大切であると思います。

「炎と炭火」いずれにしても、その道のりを楽しむためにも
その道を明るくする『道標』をしっかりと見出すほうが
大切です。

それでは本日も、一日宜しくお願い致します!

※バックナンバーはこちらです。
http://www.next-jp.net/category/blog

※本メールは当社社員が名刺交換をさせて頂きました方々に
配信させて頂いております。

不要な方は、大変お手数ですが下記のサイトより
配信停止の手続きをお願いします。

お手数をお掛けし恐縮ですが、
宜しくお願い致します。

メール配信停止
http://r34.smp.ne.jp/o/Pg/254525/64EWCFH7ci0D/out?mail_stop=mfs

文責/森島 潔
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
http://www.next-jp.net/
NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【士魂商才】〔GoodMorningMail(第325号) 〕■「点」 を結ぶ方法論

2013年2月20日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【士魂商才】〔GoodMorningMail(第325号) 〕平成25年2月20日

■「点」を結ぶ方法論

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日は、
フクオカRuby大賞やビジネス・デジタル・コンテンツの表彰式
などで構成するイベント、「Ruby・コンテンツフォーラムFUKUOKA」
にて当社が応募しましたシステムが、奨励賞を頂きまして
賞状を頂いて来ました。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130219/457202/
(残念ながら奨励賞は記事にはありません。)

壇上でRubyの生みの親、「まつもとゆきひろ」さんより
賞状を頂きました。別段の緊張はありませんでしたが、
気の引き締まる思いを致しました。

良い経験をさせて頂きました、制作のメンバー、関係者の皆さん
ありがとうございます。

■今日の言葉(100日100言その39)

未来を見て「点」を結ぶ事はできない、
過去を振り返って「点」を結ぶだけだ。

だから、いつかどうにかして「点」は結ばれる、
と信じなければならない。
………………………………………………………
スティーブ・ジョブズ(Apple創業者)

※信じて実行すること、そのものが才能だと思います。

本日の配信は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「点」を結ぶ方法論】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

というテーマでお伝えします。

■「流動的」な状態

冒頭でも書きましたが、昨日は、
福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議と福岡県が主催する
「Ruby・コンテンツフォーラムFUKUOKA」が開催されました。

多くの方々で賑わったわけですが、その多くがエンジニアの方で
それもエンジニアとして独立された方々が多かった反面、
ユーザー企業とIT関係企業、IT関係企業とIT関係企業といった
コラボレーションの形も見られました。

また、半導体商社が開発されたゲーム用コントローラーや
組み込み機器などもあり、これまでのソフトウェア開発が主体となった
サービス以外のものが目につきました。

そして、エンジニアの方も「個人」として参加されている人もいて
社会が変わってゆく中で、ビジネスを組む相手が変わったり、
その数が多くなったりと、確実に流動しているように思えます。

■「点」を結ぶ方法論

前号、前々号でも触れましたが、働き方、協業の形態など
やはりいろいろなものが流動しています。

流動化するということは最初に「点」であり、
その「点」の数が多くなってきて、何らかの集団を形作り、
新しい何かが生まれるように思います。

しかしながら、
現実には収益、成果をあげる中心点は「会社」(企業)
であり、それ抜きでは経済は成り立ちません。

それ故にこうした「点」を結んでこそ初めてビジネスとなり
収益をあげられるものです。

皆さんが新しいビジネス、新しい商売がないかと常に頭を
ひねられていると思いますが、これまで申しました通り、
流動性が高まって、そのスピードが随分と速くなっています。

こうした中では、その「点」を結ぶ方法論を見つけ、その方向に向かって
ヒタヒタと歩み続けることがその一つの答えではないかと思います。

いわゆる「決めて進む」ということです。

ただ私の場合、
考えて、考えて、考えて、それでも考えて、そして
行動して、行動して、とにかく行動して、

「神からの啓示を待つ」

などと言った理屈にもならんことを繰り返しています。

まだまだ精神論から抜け出せていません
(また一つ思考の壁を見つけてしまいました)が、

いつかは、どうにかして「点」は結ばれる、と信じておる
今日この頃です。

それでは本日も、一日宜しくお願い致します!

※バックナンバーはこちらです。
http://www.next-jp.net/category/blog

※本メールは当社社員が名刺交換をさせて頂きました方々に
配信させて頂いております。

不要な方は、大変お手数ですが下記のサイトより
配信停止の手続きをお願いします。

お手数をお掛けし恐縮ですが、
宜しくお願い致します。

メール配信停止
http://r34.smp.ne.jp/o/Pg/242979/Di5IECH7ci0D/out?mail_stop=mfs

文責/森島 潔
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
http://www.next-jp.net/
NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆