「日本人の弱点」:〔GoodMorningMail(第182号)〕

2011年9月27日

メール配信をさせていただいている、皆様へ。
おはようございます、森島です。

今日もさわやかな空です、
しばらくは秋晴れが続いてくれるでしょうか。
週末はあまり良い天気ではないような週間予報ですが、
「誰かのこころと秋の空」ということでしょうから、
予報も変わるかもしれません。

今日も良い一日になりますよう。

※本メールは当社メンバーが名刺交換をさせていただいた方や
セミナーにお見えいただいた方に配信させていただいています。

お断り無くメーリングリストに入れさせていただいている方も
いらっしゃいます。
不要な方は、文末に配信解除用のURLがありますので、
大変お手数ではありますが、メルマガの削除手続きをお願いします。

「日本人の弱点」

と、題しましたが、実は私の主観なので表現が
違っているかもしれませんが、、、皆様は如何でしょうか。

それは海外に関する感覚のことです。

外人さんは、

「背が高く」「彫刻のような整った顔」で
そして「お金持ちそう」である。

そうすると人格も「いいひと」「紳士」こんな感覚を
もってしまったり。

あるいは、
かっこいい外人さんと英語で話してたりする姿を
誰かにみられると優越感を感じたり。

なぜこんな感覚を持つのかが非常に不思議なのです。

このごろはそうでもありませんが、

外人さんを上に見てしまい、こちらが何となく低い位置に居る、
そんなことはありませんでしょうか。

例えば、アメリカに対しても何とも言いがたい
不思議な感覚があるのではないでしょうか。

アメリカのニューヨークに憧れたり、
ロックバンドやアーチストに共感したり、
建国精神の文化に憧れたり、
など、羨望やあこがれの気持ちとは裏腹に、

日本に比べ歴史の浅い国だとか、武士道が理解出来ないとか
あるいは関税や沖縄基地問題について批判的であったりとか、

何とも言いがたい微妙な感情をもってしまう所があります。

何かを始める前に、何とも複雑な先入観があって、
とても対等に互せることができないように思います。

逆に言うと簡単にあしらわれるような感覚さえあります。

取り立てて劣等感があるわけではないのだけれど、
憧れているような、恨んでいるような感覚です。

もしこれが私の感覚ではなく、
日本人に共通な感覚であるとするならば、

結構大きなハンデとなりそうな気がします。

経済や外交といった平面的なベクトルの中に
こうした感覚といった違うベクトルの要素が入ってくると
平面的な事象への影響も大きいような気がしてなりません。

昨日お伝えした「垂直の軸」を考え、こうした
感覚に左右される部分を分析した上で、
経済活動に取り組む必要があるのではないかと考える次第です。

それでは今日も一日宜しくお願い致します。

バックナンバーはこちらです。

http://bit.ly/ir3O6z

メルマガの配信停止、メルアド変更はこちらからお願いします。

配信停止
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=255&f=2&g=1&c=301&code=6cc9f1de8d844c5b39f04393876a4abe

メルアド変更
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=M1&a=255&f=3

/森島 潔

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

サービス一覧
ITマネジメント

ITサービス(IT管理)

社内のIT運用をしっかりと管理する仕組み作りをお手伝いします

ITマネジメント

ITプラットフォーム

無停止サーバーやクラスターの導入でITを止めないシステムを