「テクノロジは何のために」:〔GoodMorningMail(第185号) 〕

2011年9月30日

メール配信をさせていただいている、皆様へ。
おはようございます、森島です。

今日は明け方から雨でしたが、「雨のち曇り」の天気予報でした。
一雨ごとに秋に近づいてゆきます、今日も良い一日になりますよう。

昨日は月に一度の「地域活性化研究会(CKK)」にて、
糸島地区の活性化イベントのディスカッションに参加させて頂きました。
いろいろなところでいろいろなコミュニティが活発に活動されています。
皆さん活動的で敬服します。

—————————————

「テクノロジは何のために

—————————————

昨日「囲い込み戦略」というテーマでお伝えしましたが、
日本におけるテクノロジーの競争は、この、
「囲い込み」のための競争であるとも言われています。

2001年、ソフトバンクはADSL回線のサービスで
NTTグループの牙城を崩すべく、挑戦しました。

これには多くのユーザーが賛同し、拍手を送ったと思います。
こうした挑戦が現在日本でのインターネットの普及に大きく寄与した
ということができ、革命的な動向だったようにも思えます。

しかし現在、
「SIMロック」によりソフトバンクの牙城を築いています。

ご存知ではあると思いますが、
「SIM」とは携帯電話の中に差して使うメモリーカードのことで、
電話番号やネットワークに関する情報が記入されおり、
現在多く使われている第3世代携帯(3Gともいわれます。)では、
携帯の利用に必須のカードです。

日本の携帯電話はNTT、SoftBank、auなどの事業者の
特定の端末しか使えないようになっていますが、
これを実現しているのが「SIM」による「ロック」なのです。
「SIMロック」方式で自社の端末しか使えないようになっているため
日本では同じ端末(携帯電話機)を別の事業者では使えません。

「SIM」方式はもともと国境を超えて同じ端末を使えるようにとの
目的で採用された方式です。同じ端末でも国が変わったら「SIM」
を変え、そのまま同じ端末が利用できるようになります。

この方式を利用し「ノキア」という端末メーカーはヨーロッパ全域を
市場とすることに成功し、世界1のシェアを取ることになりました。

まさに、テクノロジーとサービスで世界をとったという感じでしょうか。

これが日本になると、
「SIMロック」で「囲い込み競争」になってしまいました。
日本ではテクノロジーは、何故か「囲い込み」のため、
となってしまうようです。

島国なのでと言われるとそうであり、私も日本人として、
「縄張り固め」の傾向はよく理解できるのですが。

まだまだガラパゴスパラダイスは続くようです。

それでは今日も一日宜しくお願い致します。

※昨日、アドバイスを頂き、
文面の構成を少し変えさせて頂きました。
(森社長ありがとうございました。)

※本メールは当社メンバーが名刺交換をさせていただいた方や
セミナーにお見えいただいた方に配信させていただいています。

お断り無くメーリングリストに入れさせていただいている方もいらっしゃいます。
不要な方は、大変お手数ではありますが、以下の配信解除用のURLより、
メルマガの削除手続きをお願いします。

配信停止
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=255&f=2&g=1&c=301&code=6cc9f1de8d844c5b39f04393876a4abe

メルアド変更
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=M1&a=255&f=3

バックナンバーはこちらです。

http://bit.ly/ir3O6z

/森島 潔

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

サービス一覧
ITマネジメント

ITサービス(IT管理)

社内のIT運用をしっかりと管理する仕組み作りをお手伝いします

ITマネジメント

ITプラットフォーム

無停止サーバーやクラスターの導入でITを止めないシステムを