人間学10月号「真摯さ」:〔GoodMorningMail(第196 号)〕

2011年10月18日

メール配信をさせていただいている、皆様へ。
おはようございます、森島です。

今日もお天気ですが、やはり秋の晴天で
「静かなお天気」という感じでした。

今朝の駅裏の写真です、http://p.tl/C0ut
良い感じの明け方でした。
良い一日となりますように。

さて昨日は、恒例の「沸騰塾」参加しました、
「ブランディング」というテーマでの講義でしたが
重たい内容で、久々に気合が入りました。

それでは本日の話題です、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

人間学10月号「真摯さ」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

人間学の教科書として利用させて頂いている、
「致知」11月号の”巻頭の言葉”に伊與田覺さんの記事に、

”会社など、組織では「人材」や「人財」という言葉が用いられ、
才能があり、大いなる働きをする人の事を言います。”

その文字にもあるように、「才」が使われ、才能がある人を
指していると言われています。

これに対し、「人物」という言葉もあり、「人材」や「人財」とは
違うニュアンスがあると言われています。

そして、「人物」は才能だけでなく、
「徳」をも持ち合わせた人をいうのではないかと言われていました。

頭がよく、才能があり、仕事がバリバリ出来るだけではなく、
何か人間味を感じる感性を持っている、そんな印象を持ちます。

これと同じように、
ピーター・ドラッカーも「マネジメント」の中で
「真摯さ」を問いかけています。

また、昨日の沸騰塾での大野塾長も
「本気であるか」を問われました。

さらに、今朝の勉強会の中でメンバーから、
「情熱はあるか」を問われています。

事業を経営する、組織を運営する、プロジェクトを成功に導く
こうした経営の中に「真摯」「本気」「情熱」など、経営する
その人の姿勢や考えかた、経営する組織の態度、品性、
こうしたことがどれだけ重要かを考えさせられる出来事が
多い、昨日今日でした。

「自らの事業は『真摯さ』をもって取り組んでいるだろうか」

もう一度自分に問いかけてみたいと思います。

それでは今日も一日宜しくお願い致します。

※本メールは当社メンバーが名刺交換をさせていただいた方や
セミナーにお見えいただいた方に配信させていただいています。

お断り無くメーリングリストに入れさせていただいている方もいらっしゃいます。
不要な方は、大変お手数ではありますが、以下の配信解除用のURLより、
メルマガの削除手続きをお願いします。

配信停止
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=255&f=2&g=1&c=301&code=6cc9f1de8d844c5b39f04393876a4abe

メルアド変更
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=M1&a=255&f=3

バックナンバーはこちらです。

http://bit.ly/ir3O6z

/森島 潔

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

サービス一覧
ITマネジメント

ITサービス(IT管理)

社内のIT運用をしっかりと管理する仕組み作りをお手伝いします

ITマネジメント

ITプラットフォーム

無停止サーバーやクラスターの導入でITを止めないシステムを