【士魂商才】「歯を磨くように、」:〔GoodMorningMail(第267 号)〕

2012年2月13日

メール配信をさせていただいている、皆様へ。
おはようございます、森島です。

今週はあいにくの天気のようです、
寒くて雨模様の1週間になるようです。

今日の福岡地方の天気は「雨のち夕方より曇り」
気温も上がらず、寒い日になるそうです。

良い一日となりますように。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「歯を磨くように、」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ビジネスで成功された、実業家の方々の本や、講演での
文章に触れると、必ずと行っていいほど、

「自分を磨く」や

「心を磨く」などの言葉が出てきます。

まだすべてを理解するとはできないのですが、

大きな取引をしたり、継続的な事業をしたり、

また、社員との絆づくりであったり、と、

これらの組織を動かす力は、テクニックとしての
マネジメントの力ではなく、経営者やリーダー、
マネージャーの持つ、「心」に依存するものが
とても大きいのではないかということです。

そして、会社や組織の将来を切り拓くことは、
その組織の舵取りをする人が「心」を磨き上げ、
組織をまとめ、道を切り開いてゆく、ということに
ほかならないように思えてきました。

個人についても、

「人生を開くとは心をひらくことである。」

という言葉があります、

心を開かずに固く閉ざしている人には、人生は開かない、

ということです。

その心構えとしては、

「物事を前向きに捉える」「素直」「感謝の念を忘れない」

「愚痴を言わない」など、積極性と明朗性が中心のものですが、

もう一つ大事なことがあります。

こうした心構えというのは、一度磨いても、ゼロになるという特性を
持っています、つまり、元に戻ってしまうということです。

ですから、継続が一番の力であるとも言えるのかもしれません。

社会教育家の田中真澄さんの言葉を借りると、

「心構えというのは、どんなに磨いても毎日ゼロになる能力である。

毎朝歯を磨くように、心構えも毎日磨き直さなければならない。」

となります。

また、古典である『大学』にも

「必ず忠信を以て之を得、驕泰以て之を失う」

(驕り高ぶる態度ですれば必ず失敗し、
まごころを尽くしてすれば何事も成功する。)

とあるそうですが、

積極性と明朗性を持った「心」を毎日、毎朝、磨いてゆけば、
人生も事業も開けて、充実した時間を過ごせそうです。

今週も始まりました、1週間、宜しくお願い致します。

それでは今日も一日宜しくお願い致します。

※本メールは当社メンバーが名刺交換をさせていただいた方や
セミナーにお見えいただいた方に配信させていただいています。

お断り無くメーリングリストに入れさせていただいている方もいらっしゃいます。
不要な方は、大変お手数ではありますが、以下の配信解除用のURLより、
メルマガの削除手続きをお願いします。

配信停止
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=255&f=2&g=1&c=301&code=6cc9f1de8d844c5b39f04393876a4abe

メルアド変更
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=M1&a=255&f=3

バックナンバーはこちらです。

http://www.next-jp.net/category/blog/mailmag

/森島 潔

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

サービス一覧
ITマネジメント

ITサービス(IT管理)

社内のIT運用をしっかりと管理する仕組み作りをお手伝いします

ITマネジメント

ITプラットフォーム

無停止サーバーやクラスターの導入でITを止めないシステムを