【士魂商才】「素直になれない」:〔GoodMorningMail(第268 号)〕

2012年2月14日

メール配信をさせていただいている、皆様へ。

今日も冷たい雨の日になりました。
朝から久留米へお邪魔していましたが、同じく、
氷雨の空模様でした。

今日も良い一日となりますように。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「素直になれない」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「心を磨く」ことが必要である、と昨日配信させて頂きましたが、

何をどうしたらいいのでしょうか、

その心構えにも、

「物事を前向きに捉える」

「素直になる」

「感謝の念を忘れない」

「愚痴を言わない」など、

先人のありがたい言葉がいっぱいあります。

この中で、とても重要であると思われる、

「素直になる」

について考えてみました。

生まれつき素直な方はたくさんおられますが、

私のように、天邪鬼で、我を張ってきたものには、

この「素直になる」ということが、非常に難しいことの一つでした。

常に、批判が心のどこかにあるのです。

教えて頂いている言葉が、持っている「我」に触れてしまうのです。

こういう状態が、「素直になれない」状態ではないかと思います。

では、どうしたら素直になれるのか、

それは「失敗をすること」ではないかと思います。

私は、これまで数多くの失敗を繰り返してきましたが、

そのたびに

「いやこれは失敗ではない」

「将来に必ずやつながるのだ」

という風に考えておりました。

実は、こんな状態ではまた失敗を繰り返すのです。

失敗なのに、認めないと、その失敗が終了しないのです。

認めないとその失敗がちびりちびりと続いてゆきます。

こうなると、自転車操業が始まります、失敗を認めないものだから
その失敗を覆うために走りまわる、そうするとこれまでの労力が
倍以上かかってくる。

しかし、これも必要なこと。

「自分の考え」を持って事に当たる、「失敗する」

これを繰り返し、

ようやく失敗を認めることができるようになると、

人様の言葉が金言となって体の中に入ってきます。

少し「素直になった」状態になるのではないかと思います。

人の心は不思議なものです、失敗をしないようにと、

素直にならなければならないのでしょうが、

失敗をしないと素直になれない。

この妙な回転の繰り返しの中で、成長しているように思います。

我を張って挑戦して、失敗を繰り返し、ようやく素直になって、

心が磨かれる。

一方、「自分の考えを持つ」ということと、「素直になる」

という状態のバランスを取らなくてはいけないことも、

また、現実として受け止めねばなりません。

生きてゆく中で、新たなる「我」が芽生え、失敗し、

そしてまた素直になって心が磨かれる。

その結果として、人は変わってゆく、

「生涯勉強」と言われる所以もここあたりにあるのでしょうか。

それでは今日も一日宜しくお願い致します。

※本メールは当社メンバーが名刺交換をさせていただいた方や
セミナーにお見えいただいた方に配信させていただいています。

お断り無くメーリングリストに入れさせていただいている方もいらっしゃいます。
不要な方は、大変お手数ではありますが、以下の配信解除用のURLより、
メルマガの削除手続きをお願いします。

配信停止
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=255&f=2&g=1&c=301&code=6cc9f1de8d844c5b39f04393876a4abe

メルアド変更
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=M1&a=255&f=3

バックナンバーはこちらです。

http://www.next-jp.net/category/blog/mailmag

/森島 潔

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

サービス一覧
ITマネジメント

ITサービス(IT管理)

社内のIT運用をしっかりと管理する仕組み作りをお手伝いします

ITマネジメント

ITプラットフォーム

無停止サーバーやクラスターの導入でITを止めないシステムを