【士魂商才】「ぶれ始め」:〔GoodMorningMail(第271号)〕

2012年2月20日

メール配信をさせていただいている、皆様へ。
おはようございます、森島です。

土曜、日曜日は、大変な天気でした。
久しぶりの大雪で景色を楽しんでいるまでは
良かったのですが、移動は渋滞だらけで大変でした。

明けて月曜日、寒い曇り空でしたが、
嵐にならなくて何よりでした。

今日も良い一日となりますように。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「ぶれ始め」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

いよいよ政治も、消費税問題や社会保障問題の顕在化や
「大阪維新の会」など新しい勢力の活動の影響で、
何か動き出しそうな予感がします。

そもそも、「マニフェスト」を掲げて、政治や社会の刷新を
謳っての活動が、民主党のカラーだったように思いますが、

いまでは、目前の対策に大わらわの感じがあります。

こうした政党や指導者に対し、よく言われるのが、

「ブレる」

ということです。

何故か目の前の状況に応じることにより、「いつの間にか」
当初の理念や方針に対して、やっていることが乖離してくる。

そうなのです、「いつの間にか」なのです。

そして、

「あの状況では、しょうがない」

というセリフ。

自分自身を省みてもこういう状態で、すっきりしないことが
多々ありました。

それはなぜか、

・これくらいなら、ちょっとくらいなら、

・やむなし、

・今回だけだから、

こうしたところから、出発してるのではないでしょうか。

同じ事かもしれませんが、飲酒運転の問題も、

・ちょっとくらいなら、

・少し休めばいいから、

・だいじょうぶだから(?)、

そして、取り返しのつかないことになる。

「ちょっとくらいなら」を許容すると、大変なことになる
ということを改めて感じております。

これとは反対に、旧会津藩の「什の掟」では、

「ならぬものはならぬのです」

なのです。

少しの規律違反も認めないのです。

ほんの少しのことが、積み重なって大きくぶれてゆく、
それを防ぐためには、ちょっとしたことも許さない。
こうした心構えが必要ということだと思います。

「ならぬものはならぬのです」

これは実行するのは相当な「心」の持ちようが必要だと思います。

先週にお伝えした、

「人間を磨く、心を磨く」、とは

これを実行できる「心」を養うことではないかと、
思い至った今日この頃です。

それでは今週も張り切ってゆきましょう!

※本メールは当社メンバーが名刺交換をさせていただいた方や
セミナーにお見えいただいた方に配信させていただいています。

お断り無くメーリングリストに入れさせていただいている方もいらっしゃいます。
不要な方は、大変お手数ではありますが、以下の配信解除用のURLより、
メルマガの削除手続きをお願いします。

配信停止
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=255&f=2&g=1&c=301&code=6cc9f1de8d844c5b39f04393876a4abe

メルアド変更
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=M1&a=255&f=3

バックナンバーはこちらです。

http://www.next-jp.net/category/blog/mailmag

/森島 潔

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

サービス一覧
ITマネジメント

ITサービス(IT管理)

社内のIT運用をしっかりと管理する仕組み作りをお手伝いします

ITマネジメント

ITプラットフォーム

無停止サーバーやクラスターの導入でITを止めないシステムを