【士魂商才】「自らも光ってゆく」:〔GoodMorningMail(第275 号)〕

2012年2月28日

メール配信をさせていただいている、皆様へ。
おはようございます、森島です。

夜明けが段々と明るくなって来ました。
曇り空でしたが、明るい朝は元気が出ます。

今日は週に1回の朝の勉強会。
毎週、朝から元気をもらっています。

今日の福岡の天気は「曇のち雨」
お天気が崩れる模様ですが、何とか持って欲しいところです。

良い一日となりますように。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「自らも光ってゆく」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日の「朝練」の主なテーマは「一燈照隅」でした。

以前にもこのテーマは配信させて頂きましたが、

これは、日本の天台宗の開祖である、最澄師、その著の
『山家学生式(さんげがくしょうしき)』の中に、

「一隅を照らす、此れすなわち国宝なり」という一節があり、

組織の片隅で自分の役割を一生懸命に果たしている人こそ、

実は宝であると説いているそうです。

一隅を照らすような、地道な取り組みの積み上げをすることこそ、
いずれは社会への大きな影響を及ぼす力となるという考え方です。

これらの言葉には、ある意味、我慢や忍耐という印象が強く、
認められなくても、じっと我慢してその道を貫く、
というふうに感じており自己犠牲のイメージを持っていました。

しかし、関連の文章をよく読むと、

自らのことや、自らの役割を果たせない人間には、
何も成果を上げることはできない、

大きいことをいうよりも、まずは自らの役割を果たしなさい。

という意味でもあるそうです。

ビジネスにおいても、それぞれが担った役割を果たせなければ、
認められないし、対価も頂けない、ということになります。

大言壮語ではなく、地道な努力といってもいいのでしょうか。

有言実行という言葉もあり、考え方もいろいろだなぁ〜と思いました。

そう考えると、「一燈照隅」の考え方も少し変えて、
一人ひとりの目標までの道のりを「明るく照らすこと」
と考えてもいいのではないでしょうか。

「定石」を学んだり、勉強したり、啓発しあったりと色々な
やり方で、自らの足元を明るく照らし、

そして一人ひとりが受け持った役割で、社会の隅を照らす。

そして、こうした人が集まったコミュニティが地域を照らし、
コミュニティどおしがつながり、国を照らす。

こんな考え方もいいのではないかと思います。

一燈を照らすということは、

小なりといえども「自ら光る人間」になるということ。

自らの道を明るく照らしながら歩むこと、

回りにいる人の考え方をいろいろと聞いて、学ばせて頂き、

「自らも光ってゆく」こと。

昨今情勢が不安定で、

なかなか拠り所が見いだせないことも多々あるかと思いますが、

「ご縁」で集まった仲間の考え方を聞き、自分の考え方を

より良くしてゆくことも日々の行いの中に取り入れたいものです。

それでは今日も一日宜しくお願い致します。

※本メールは当社メンバーが名刺交換をさせていただいた方や
セミナーにお見えいただいた方に配信させていただいています。

お断り無くメーリングリストに入れさせていただいている方もいらっしゃいます。
不要な方は、大変お手数ではありますが、以下の配信解除用のURLより、
メルマガの削除手続きをお願いします。

配信停止
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=255&f=2&g=1&c=301&code=6cc9f1de8d844c5b39f04393876a4abe

メルアド変更
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=M1&a=255&f=3

バックナンバーはこちらです。

http://www.next-jp.net/category/blog/mailmag

/森島 潔

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

サービス一覧
ITマネジメント

ITサービス(IT管理)

社内のIT運用をしっかりと管理する仕組み作りをお手伝いします

ITマネジメント

ITプラットフォーム

無停止サーバーやクラスターの導入でITを止めないシステムを