【士魂商才】「iPhoneはアメリカでは製造できない?」:〔GoodMo rningMail(第281号)〕

2012年3月08日

メール配信をさせていただいている、皆様へ。
おはようございます、森島です。

今日も曇りの天気のようです。
なかなかスカっと行きませんね。

今日も良い一日となりますように。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「iPhoneはアメリカでは製造できない?」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

パナソニック、ソニーの収益悪化の話題とうらはらに
米アップルと韓国サムスンは最高収益を
更新し続けているそうです。

急性長を遂げてきたスマートフォン市場の成長に合わせ
この2つのメーカーが2強の座を取り切ったという状況です。

さて、今週の東洋経済のコラムに、

2007年、iPhoneの部材変更に関わる生産仕様の変更に対し
中国にあるiPhoneの生産受託企業、フォックスコンは、
一晩で8000人に登る作業員を導入し、1日1万台の
iPhoneを生産する体制を築いたとありました。

これにより、フォックスコンはこれまでに2億台の
iPhoneを生産したそうです。

アメリカでは迅速にこうした大量の作業者を確保し、
生産体制をつくることができるだろうか、
と、提起されていましたが、これは先進国と言われる
各国々でも同じことが言えるのではないでしょうか。

こうしたことを考慮すると、アメリカでは製品の企画、設計は
可能でも、それを生産する力をなくしかけているということになります。

以前にスマイルカーブというテーマで配信をしました。

これは、企画・設計とサービスの利益率が高い事を表すものでしたが
フォックスコンの場合はこれの逆で、利益率が低くても圧倒的な
「数」と「スピード」の対応でビジネスを成立させている
顕著な例ではないでしょうか。

今まさに生産のサプライチェーンは中国の手中にあり、
これからの経済的な覇権争いに強いカードを持っているようです。

いま中国以外のアジア地域が注目されているようですが、
こうした中国の強大化に対するリスクヘッジの面が
大きいように思います。

何事もバランスを取る動きがベースになって、
世界の動きの主幹を握るようです。

それでは今日も一日宜しくお願い致します。

※本メールは当社メンバーが名刺交換をさせていただいた方や
セミナーにお見えいただいた方に配信させていただいています。

お断り無くメーリングリストに入れさせていただいている方もいらっしゃいます。
不要な方は、大変お手数ではありますが、以下の配信解除用のURLより、
メルマガの削除手続きをお願いします。

配信停止
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=255&f=2&g=1&c=301&code=6cc9f1de8d844c5b39f04393876a4abe

メルアド変更
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=M1&a=255&f=3

バックナンバーはこちらです。

http://www.next-jp.net/category/blog/mailmag

/森島 潔

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

サービス一覧
ITマネジメント

ITサービス(IT管理)

社内のIT運用をしっかりと管理する仕組み作りをお手伝いします

ITマネジメント

ITプラットフォーム

無停止サーバーやクラスターの導入でITを止めないシステムを