【士魂商才】「実践の季節」〔GoodMorningMail(第259号)〕

2012年6月25日

メール配信をさせていただいている、皆様へ。

毎週休みの日に結構な雨が、降っているように思います。
昨日も大雨でしたが、本格的な梅雨空となりました。

今日も良い一日となりますように。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「実践の季節」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「論語読みの論語知らず」

という言葉がありますが、

新渡戸稲造氏の

「修養」の出だしにも次のように比喩してあります。

「僕はかってこういう話を聞いたことがある。」

「某という博学の儒者があった。万巻の書を読破し、
何一つ通ぜざることとてなかったが、いかんせん活用の才なく、
該博(がいはく)の学問も空しくこれを死蔵して、
少しも利用することができなかった。」

要するに、万の書を読破し、膨大な知識を身につけた
博学の儒学者はこれを一切活用することができなかった。

そしてこの人は、齢をかさね、すべてのものを忘れて、

「忘却先生」と呼ばれました。

というお話です。

実践をしなければ、何の役にも立たない、

高尚な、理論や知識も行動が伴わなければ意味が無い、

簡単なことでも実践するほうが価値がある。

そういうふうに受け取っています。

イエローハット相談役の鍵山秀三郎さんの、

「誰にでもできることを、誰にもできないくらいに」

という言葉があります。

「凡事を徹底する」ということだと思いますが

難しいことではなく、

「毎日少しでも、できるだけ、私が」

という心構えだそうです。

6月も今週で終わり、そして、今年も半分が終わりです。

継続、実践できたことはいくつあるでしょうか。

考えようによっては、今年はまだ半分も残っています。

誰にでもできることを積み上げてゆくことから、

再度、始めてみようかと考えています。

今年の夏は、「実践の季節」と行きましょう!

それでは今日も一日宜しくお願い致します。

※本メールは当社メンバーが名刺交換をさせていただいた方や
セミナーにお見えいただいた方に配信させていただいています。

お断り無くメーリングリストに入れさせていただいている方もいらっしゃいます。
不要な方は、大変お手数ではありますが、以下の配信解除用のURLより、
メルマガの削除手続きをお願いします。

配信停止
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=255&f=2&g=1&c=301&code=6cc9f1de8d844c5b39f04393876a4abe

メルアド変更
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=M1&a=255&f=3

バックナンバーはこちらです。

http://www.next-jp.net/category/blog/mailmag

/森島 潔

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

NEXTシステムズ株式会社  〒812-0016
福岡市博多区博多駅南2-1-5博多サンシティビル4F
TEL(092)452-1108 FAX(092)452-1109

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

サービス一覧
ITマネジメント

ITサービス(IT管理)

社内のIT運用をしっかりと管理する仕組み作りをお手伝いします

ITマネジメント

ITプラットフォーム

無停止サーバーやクラスターの導入でITを止めないシステムを