少しの工夫であなたの資料がもっとステキに!                    ワンポイントデザインレッスン~色の心理効果と相性編~

2022年6月23日

いつもお世話になっております。NEXTシステムズの河村です。
先月のブログ掲載から始めたワンポイントデザインレッスンですが、今回は「色の心理効果と相性編」です。
出来るだけコンパクトに解説を行う都合上、説明をかなり省略する箇所もあります。
しっかり学びたいよ!という方は最後に参考文献を載せていますのでぜひ買って勉強してみてくださいね♪

色の連想

人間は色を認識した時、色々なことを感じます。
例えば、真っ赤な料理を見た時に辛そうと感じたり、澄んだ海や空を見て爽やかな気持ちになったりします。
人間は認識した色からそれに関係したものやイメージを思い浮かべる事ができ、それらは「色の連想」と呼ば
れています。
例としてこちらの決算報告書を見てください。

左の決算報告書は黄色を基調に、右の決算報告書は灰色をベースにしています。
どちらの決算報告書の方が信用できそうですか?
どちらも書いてあることは一緒なのですが、色によって印象がガラッと変わります。
黄色は活動的、明るさ、無邪気といった印象を与えてくれる色です。
灰色は落ち着きや、上品さ、安定感といった印象を与えてくれる色です。
今回は銀行の決算報告書です。銀行には誠実さや経済基盤としての安定性が求められます。
その為、どちらかと言うと右の決算報告書の方が信用できる気がしますね。
では次にこちらの保育園の入園案内ポスターを見てください。

これらの入園募集ポスターは先ほどの決算報告書と同様に左が黄色ベース、右が灰色ベースになっています。
どちらの入園ポスターを張り出している幼稚園に子どもを預けたいでしょうか?
先程の決算報告書とは打って変わって左の入園ポスターを出している幼稚園の方が、子どもが健やかに育ちそう、
元気な子どもが集まりそう、といった好印象を与えてくれますね。
このように色にはそれぞれ連想されるイメージがあり、求められているシチュエーションや物事によって色を
使い分ける事で貴方の作る資料に対しての印象をグッと高めてくれます。

色の相性とセパレーション

資料を作るうえで同じ色だけを使い続ける人は滅多にいないと思います。
理由としては同じ色ばかりでは、単調な印象となり飽きられてしまうからです。
前回の記事で紹介した、デザインの4大原則の1つである「コントラスト」にて違う色を使えば資料に対してメリハリをつける事が出来るという事をご紹介したと思います。
ですが、ここで気を付けてほしい事は色にはそれぞれ相性があると言う事です。
例として病院に貼られていそうなポスターを用意しました。

左のポスターはデザインの4大原則である「反復」と「コントラスト」を付けようとした結果、非常に見づらいポスターになっています。
「緊急時には」と「サイトURL」に使われている赤は背景色と色が近すぎてよく見ないと文字を認識できませんし、
コントラストを付けようとして差し込んだ青は色の対比が強すぎて少し見苦しい印象ですね。
対して右のポスターの「緊急時には」に、左のポスターと同じ色を使っていますが、文字の周りを白色で縁取りしているおかげではっきりと色を認識できますし、コントラストも色の対比が大きすぎない黄色を使う事で見苦しさを感じさせません。
このように色同士の相性によって見やすい、見づらいが変わってくるのです。
また、右のポスターの様に色が近すぎて色同士の境目が分からない場合は色同士の境目に別の色を入れ込んであげる事で色を分離させる事が出来ます。このことをセパレーションと呼びます。セパレーションはコントラストを調整する役目があり、強すぎる対比を弱めたり、逆に弱すぎる対比を引き締めて強めたりする効果が有ります。

もし自分の作った資料がコントラストの付けすぎで見づらい、反復を意識しすぎて色が似通ったせいでコントラストが弱く可読性が下がった、という時は是非このセパレーションを試してみては如何でしょうか?

おわりに

以上でワンポイントデザインレッスン~色の心理効果と相性編~、は以上となります。
短いもので次回のワンポイントデザインレッスンにて最終回となってしまいます。
最後は「フォントの種類と選び方編」となっていますので最後まで是非お付き合い頂ければと思います。
次回の記事でお会い致しましょう、それでは~(/・ω・)/

参考文献

文部科学省後援 色彩検定公式テキスト
内閣府公認公益社団法人 色彩検定協会 発行
https://www.aft.or.jp/pages/official-product-orders

IT資格について

2022年6月20日

サービス開発チームの濵本です。

今回の話題は、「IT資格について」にしました。

私は今までSE、PGの仕事をしてきましたが、WEB系などの新しい技術とはあまり縁がありませんでした。それがWEB系の案件も担当することになり、改めてIT技術を勉強しなおす必要が出てきました。この機会に「IT資格の取得」も目標にしたいと思い、少し調べてみました。自分の優先順位で記載しています。

難易度については、「NewtonGYM 資格の難易度」を参考にさせていただきました。
https://newtongym8.com/

試験情報については、「独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA)」の情報を使用させていただきました。https://www.jitec.ipa.go.jp/

■情報処理技術者試験の資格体系

■情報処理技術者試験の年間スケジュール

■情報処理技術者試験の種類

①ITパスポート試験【難易度「C」やや易】
~ あなたのIT力を証明する国家試験 ~
実施時期:随時
受験料:7,500円
私が情報処理試験を受けたのは30年以上前なので、今の技術を押さえておくのにちょうど良い基礎知識が求められる試験なので、手始めに受けたいと思います。今年の8月を目標にします。

②情報セキュリティマネジメント試験【難易度「B-下」普通の下位】
~ 機密情報を守る情報管理の要 ~
実施時期:上期・下期
受験料:7,500円
内容は「基本情報技術者試験」と重複しますが、セキュリティは大事ですので、早いうちに受けたいと思います。

③基本情報技術者試験【難易度「B-上」普通の上位】
~ ITエンジニアの登竜門 ~
実施時期:上期・下期
受験料:7,500円
30年以上前の二種試験の時に合格しているのですが、時代も変わっていますので、もう一度受けたいと思います。今年の下期を目標にします。

④応用情報技術者試験【難易度「A」難関】
~ ワンランク上のITエンジニア ~
実施時期:春期・秋期
受験料:7,500円
この試験も、30年以上前の一種試験の時に合格しているのですが、時代も変わっていますので、もう一度受けたいと思います。簡単ではないと思っています。来年春期、または秋期を目標にします。

⑤ネットワークスペシャリスト試験【難易度「A」難関】
~ネットワーク社会を担う花形エンジニア~
実施時期:春期
受験料:7,500円
この試験は業務とも関連するので、早めに受けたいと思います。「応用情報技術者試験」の前に受けるかもしれません。難しいようですが。

⑥ITサービスマネージャ試験【難易度「A」難関】
~ ITサービスの安定提供を約束する仕事人 ~
実施時期:春期
受験料:7,500円
この試験は、勉強してみようと思います。再来年以降の合格を目指して。

⑦プロジェクトマネージャ試験【難易度「A」難関】
~ ITプロジェクトの成功請負人 ~
実施時期:秋期
受験料:7,500円
受けたほうが良いとは思っていますが、かなり勉強が必要そうです。

⑧データベーススペシャリスト試験【難易度「A」難関】
~ビッグデータ時代に求められる、データ志向の担い手~
実施時期:秋期
受験料:7,500円
データベース管理者というわけではないので、ちょっと後回しになりそうです。

⑨システムアーキテクト試験【難易度「A」難関】
~業務とITのグランドデザイナー~
実施時期:春期
受験料:7,500円
確立した専門分野を持っていないので難しいですが、将来的には考えます。

⑩情報処理安全確保支援士試験【難易度「A」難関】
~ ITの安全・安心を支えるセキュリティの番人 ~
実施時期:春期・秋期
受験料:7,500円
※他に、支援士の登録手数料:10,700円、登録免許税:9,000円、登録事項の変更手数料:900円、オンライン講習:2万円程度/年1回、集合講習:8万円程度/3年に1回が必要
サイバーセキュリティ分野における初の国家資格(経産大臣認可)で、合格率は20%前後のようです。応用情報技術者試験よりはるかに難易度が高いようですが、情報処理分野の資格で初の「士業」となるので、興味はあります。

⑪エンベデッドシステムスペシャリスト試験【難易度「A」難関】
~ IoT時代に欠かせない組込みシステムの腕利きエンジニア~
実施時期:秋期
受験料:7,500円
組み込み系の仕事は少ししかやったことが無いのでやめておきます。ロボット制御には興味があります。

⑫ITストラテジスト試験【難易度「S」超難関】
~ 経営とITを結びつける戦略家 ~
実施時期:春期
受験料:7,500円
そういう立場になるか、起業したら考えますが、今はまだ難しいです。

⑬システム監査技術者試験【難易度「S」超難関】
~ 独立した立場でITを監査する御意見番 ~
実施時期:秋期
受験料:7,500円
超難関なので、難しいですね。最終目標になりそうです。

⑭Linux技術者認定試験 LinuC【難易度「A」難関~「B」普通】
実施時期:随時
受験料:16,200円~32,400円
Linuxは業務で使用するので、まず実務で学びたいと思います。

⑮PHP技術者認定試験【難易度「A」難関~「C」やや易】
実施時期:随時
受験料:12,000 円~15,000円
PHPも業務で使用するので、まず実務で学びたいと思います。

⑯シスコ技術者認定資格【難易度「A」難関~「C」やや易】
実施時期:随時
受験料:16,065円~122,400円
ネットワーク技術を学ぶために、試験内容は見てみたいです。

⑰オラクル認定Java資格【難易度「A-下」難関の下位~「C」やや易】
実施時期:随時
受験料:13,600 円~26,600円
実務でJavaはしばらく使わないので、試験内容を参考に、まずは独習しようと思います。

■まとめ

IT試験の受験には結構お金もかかり、何でもかんでも受けるわけにはいきませんが、学ぶための良い指針になると思うので、試験内容は押さえておきたいと思います。また、受けるからには、一発合格を目指して、十分準備をしたいと思います。

釣りとマーケティングが似ている

2022年6月16日

みなさんこんにちは、インフラサービスチームの吉野です。
先日、弊社内でマーケティングについて研修を行ったのですが、
タイトルでもある通り、釣りにも同じことが言えるな、と感じる場面がいくつかありました。
ですので、今回は釣りとマーケティングとの間にある類似性について書いてみたいと思います。

釣りとマーケティングの類似性

釣りをする際に最初にすることは、行く場所と何の魚種を狙うのかを決めます。
その後、その場所や魚種に合わせて持っていく道具を選定し、釣り糸のセッティングなどの準備を行います。
そして、上記の道具の選定や準備は釣りの途中でも行います。
私は「ルアーフィッシング」と呼ばれるルアー(擬似餌)を使った釣りをよくしますが、
様々な色、形、大きさ、特徴を持ったルアーを何個も持っていき、魚のリアクションや天候などを見ながら、使うルアーを変えます。
理由としては釣りの途中で、試行錯誤しながら、その日の最適解を見つけ、魚をキャッチするためです。
また、竿やリールも何種類も持っていき、沖の方で魚が跳ねたりしたときには、より飛距離が出るように長い竿に変えたりもします。

そして、これはマーケティングでも同じことが言えると思います。
まずはセグメント(場所)やターゲット(魚種)を決め、そのターゲットが求めるニーズ(餌)などを分析します。
その後、そのニーズに対して、どのサービスを、どのような価格や手法でアプローチしていくか(竿やルアーの選定、準備)を決めていきます。
そして、結果が出ない場合は、再度分析し、価格を変える、チャネルを変える、プロモーションを変える(竿やルアーの変更)、といった試行錯誤を行いながらアプローチし直す。
何か似ているような気がしませんか?

最後に

今回は釣りとマーケティングの類似性について書かせていただきました。
難しく考えがちなマーケティングですが、釣りを含め、身近なものと同じように考えると意外と簡単に考えることができるのかもしれませんね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

心理学入門③

2022年6月13日

前回から引き続き「心理学」をテーマに取り扱っていきます。
今回の記事では前回記事で紹介した心理学の学派とその概要、そして、それぞれの学派における代表的な心理学者について説明していきたいと思います。

ゲシュタルト心理学

ゲシュタルトは「まとまり」「形態」といった意味を持っており、物事を一部として見るのではなく全体として捉える言葉です。
例えるなら、一つ一つの音符・メロディーが集まることで曲として知覚できるといったものや、アニメや映画など静止画を連ねることで動いているように見せるといったものです。
前回お話ししたヴント教授の要素主義に反論する形で、知覚は対象を要素ではなく全体として捉える性質があるとして、
チェコ出身のマックス・ヴェルトハイマー(1880年〜1943年)を中心に、「ゲシュタルト心理学」が提唱されました。

 

精神分析学

精神科医ジークムント・フロイト(1856年〜1939年)という名前は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
人間は「意識」・・・自我を認識している、「無意識」・・・自我では把握できない、ということを発見したフロイトは、
人間の無意識に抑圧された感情が原因となり、精神疾患をおこすとして「精神分析学」の理論を体系化しました。

行動主義心理学

アメリカの心理学者ジョン・ワトソン(1878年〜1958年)は、ヴント教授の「内観法」に反論する形で、
人や動物の「心」ではなく、「行動」に着目した「行動主義心理学」を提唱しました。
ワトソンは、観察できる行動のみを研究対象とし、「古典的条件づけ」、「オペラント条件づけ」といった、実験からS-R理論を定義していきました。
⓵古典的条件づけ(受動的)
例:人は梅干しを食べ酸っぱさを覚えると、以降、梅干しを見るだけで酸っぱさを感じる。

⓶オペラント条件づけ(能動的)
例:スキナー箱(レバーを下げると餌が出る)にネズミを入れると、ネズミはレバーを下げることで報酬を得られることを学習する。

あとがき

1950年に入ると「行動主義心理学」で提唱されていた「行動」へフォーカスする心理学から、改めて「心」に着目する、「認知心理学」が登場してきました。
次回は現代心理学の主流となる「認知心理学」についてご紹介していきたいと思います。

それでは皆様、ご覧いただきありがとうございました。

 

参考文献

人と社会の本質を掴む心理学 内藤誼人(著)
https://d21.co.jp/book/detail/978-4-7993-2786-9

心理学 新版 (New Liberal Arts Selection)無藤隆 (著), 森敏昭 (著), 遠藤由美 (著)
https://honto.jp/netstore/pd-book_28916345.html

あらためて「NEXTシステムズ」について                        NEXTシステムズのこれまで、(その3)「赤い帽子」

2022年6月10日

前回は、コンピュータシステムとダンプトラックの費用の話題でしたが、
これが「クラウド」や「シェアシステム」の必要性を感じたきっかけとなりました。
さて今回は、オープンソースについて少し触れたいと思います。

皆さんは、Redhatという会社をご存知でしょうか、和訳すると「赤い帽子」。
コンピュータの基本ソフト(OS)Red hat Linuxを販売・提供する会社です。
(参照:Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/Red_Hat_Linux

そして、「Linux」は、フリーかつオープンソースな(無償で利用・商用化が可能な)OSソフトウェアです。
1991年に、当時フィンランドのヘルシンキ大学の学生であったリーナス・トーバルズさんがたった一人で、プログラミングを開始しました。前回触れたようにコンピュータシステムは、ハードウェア・ソフトウェアともに商用利用が中心で高価でありました。
そこでリーナス・トーバルズさんは、自分の好奇心、自分のために利活用できるために、高価なシステムと同等機能をパソコンで動かすことができるOSのプログラミングを開始したそうです。
これが「Linux」というOSとして発展し、今ではサーバーOSの60%以上が「Linux」を採用していると言われており、驚くべき成長を遂げています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/Linux

さらに、「赤い帽子のLinux」・RedhatLinuxは、このオープンソースである「Linux」を、利用者が使いやすようにパッケージ化し販売を始めました。これがオープンソースビジネスの発端であったと思います。
この「Linux」の誕生から、世界のシェアを作っていく成長の過程やオープンソースを活用し商用化するビジネスモデルなどは、ダンプトラックに負けじとコンピュータシステムの販売に七転八倒していた私にとって、とても新鮮で魅力的でした。
既成事実や困難に負けることなく、「高くて買えないのであれば自分で作る」「無料ものを製品として整えて売る」、こうした世界の技術者やビジネスマンたちがまぶしく輝いて見えていました。

当社は、「クラウドを使い、オープンソースを使い、ITサービスをお客様に提供する」という技術的なビジョンを掲げています。
このビジョンを掲げた理由は、1990年代から繰り広げられる
・高価な大型コンピュータからパソコンによる低価格化の変革
・地球サイズで拡がっていったインターネット革命
・そのインターネット上での、オープンソースを活用した技術革新
など、時代の変遷の中で、上述した世界の技術者やビジネスマンたちの眩しい姿がまだ目に焼き付いているからです。
今もなお、世界規模で見ると日本のデジタル化は遅れをとっていると言われています。
理由は色々とあると思いますが、こうした現状を打破するためにも、日本の明るい未来のためにも、技術や技術者のモチベーションレベルを引き上げてゆかなければならないと考えています。

本日は、オープンソースのお話しを書かせて頂きました。次回も宜しくお願いします。

ジャマイカが誇るコーヒーブランド(第2話)

2022年6月09日

事業戦略チーム・高野です。
普段はインフラエンジニアをしていますが、
今回もコーヒーのマーケティングについて述べさせていただきます。

<注意点>
絵やイラストは、差し込みません(キッパリ)。
今回の投稿内容は、とても堅苦しく、読むだけでもたいへん時間がかかるものです。
申し訳ありませんが、10分以上お時間にゆとりのない方は、最後の数行だけ読んでください。

1.コーヒー市場の状況

まず最初にお伝えしたいことはコーヒーには大きく2種類の品種があります。
アラビカ種とロブスタ種です。アラビカ種はきっとどこかで聞いたことあるのではないでしょうか?
アラビカ種は高地栽培かつ病気や気候変動に弱いため、生産量が安定しません。
一方でロブスタ種は低地栽培もできることから量産しやすい。
アラビカ種・・・貴重=カフェやコーヒー店向けに販売
ロブスタ種・・・安価&量産可能=インスタントコーヒーなどの主成分

まず知っていただきたいのは、日本における国別生豆輸入量(2021年)。トップ3はご存じですか?
1位は、みなさんのご想像どおり「ブラジル」です。
2位は「ベトナム」、3位は「コロンビア」です。

豆知識 <まさかベトナムが2位?>
実はブラジルに次ぐ世界2位の生産国であり、その生産量のうちの9割近くが「ロブスタ種」です。
フランスの植民地であったこともあり、コーヒーを飲む文化の形成は古く、ベトナムコーヒーに代表されるような独特の楽しみ方が根付いています。

出典:全日本コーヒー協会
https://coffee.ajca.or.jp/pdf/data-gc-yunyuryou-tanka2021.pdf

ただし、今回の投稿でお伝えしたいのは、カフェやコーヒー店で使用されるアラビカ種に関連するマーケティングについてです。

2.マーケティング戦略

私がコーヒーのことを投稿している段階で、「きっとStarbucksCoffeeに違いない」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
でも、実は今回だけは違います。

猿田彦(さるたひこ)珈琲
某社の缶コーヒーGの監修を務めていることもあり知っている方が多いのではないでしょう。
店名のユニークさも目立つ猿田彦珈琲は、ブランディングに優れたコーヒー関連企業のひとつだと思っています。

豆知識 <猿田彦(さるたひこ)って?>
古事記や日本書紀に登場する「道ひらき」の神様の名前です。
日本のあちこちに「猿田彦神社」があり、「新たなことに挑戦する時の祈願」で訪れる方が多いようです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%92%E3%82%B3

猿田彦珈琲のWEBサイトには、以下のようなメッセージがあります。
https://sarutahiko.co/
「たった一杯で、幸せになるコーヒー屋」。
猿田彦珈琲が創業時からずっと目指し、そしてこれからも願う姿。
私たちが誇りをもってお届けするコーヒーを通じて、
おいしさはもちろん、今日もいい一日になるように心を込めてお届けしています。

すっきりとした言葉で明確な理念を伝えています。
そして、この理念を表すかのようにWEBサイトでは、コーヒーへの愛情が見事に表現されています。
私は「わたし、コーヒー苦手なんです」という方がいれば、まずはこのWEBサイトを見てほしいと伝えるようにしています。
大袈裟ではなく、このWEBサイトを見ることで「ここのコーヒーであれば飲んでみたい」と感じる方がいると思います。

マーケティング戦略のひとつとして「ロイヤルカスタマー戦略」や「ファン戦略」というものがあり、
特定企業の製品やブランド、サービスに対して、深い愛着と信頼、忠誠心を持ち、継続的に購入・利用してくれる顧客を醸成する戦略です。
ロイヤルカスタマーやファンは、競合に流れることなく、繰り返しの購入や利用を期待でき、他者に推奨してくれるような強力な存在になります。
このロイヤルカスタマーやファンを形成するにあたり大切な要素が「理念」や「志」になります。
この「理念」や「志」がいかに明確でわかりやすく単純なものであるか。ここが重要と思います。

猿田彦珈琲のマーケティング戦略が素晴らしいのは、その先の連鎖にあります。
ファンになったお客さんが猿田彦珈琲をSNSで広め、それこそ某大手広告代理店D社やH堂に多額の広告宣伝費をあえて投じなくても集客力やブランド力が波状的に強まっていく「アンバサダーマーケティング」の実践になります。
企業がみずからの裁量でアンバサダーを勝手に任命するのとは異なり、草の根的に自然発生的にアンバサダーが生まれる土壌を作ることこそが、BtoCを行なう企業にとっては重要です。猿田彦珈琲のマーケティング戦略はとてもわかりやすい事例といえます。

3.コーヒー豆の格付け

みなさんは、国際コーヒー機関(https://www.ico.org/)というものがあり
果実に「優」や「秀」といった等級があるように、コーヒーにも格付けがあり、格付けを行なっている事をご存知でしょうか?
格付けの基準としては「標高の高さ」や「粒の大きさ」になります。

キリマンジャロ(タンザニア)
エメラルドマウンテン(コロンビア)
クリスタルマウンテン(キューバ)
アンデスマウンテン(エクアドル)
コーラルマウンテン(コスタリカ)
ガヨマウンテン(インドネシア)
マウントハーゲン(パプアニューギニア)
レッドマウンテン(ケニア)

「どおりで、山とか山地をあらわす名前が多いな」と感じていた方も多いのではないでしょうか。
標高が高いものほど美味しく、かつ収穫量も少ないため希少価値が高くなります。
そのマウンテンコーヒーといわれる標高が高い産地で収穫できる銘柄の中で
有名なものが「ブルーマウンテン(ジャマイカ)」になります。

ブルーマウンテン(ジャマイカ)の希少性をあらわすものとして「100グラム単価」があります。
ぜひ他の銘柄と比較してみてください。その希少性は明確にわかると思います。
この銘柄がどのようなマーケティング手法で有名になり、どのような経緯をへて現在に至るのか。
次回の投稿では、このあたりを述べたいと思います。

NEXTシステムズ株式会社(https://next-jp.net
~美味しいコーヒーとITサービスと笑顔があふれる会社~

本ブログのこと、事業のこと、会社のこと
どんなことでも気になった方はコチラからお問い合わせください。

 

プロジェクトマネジメントについて④

2022年6月06日

経営管理部の坂田です。
このテーマで掲載を始めて早くも4回目、プロジェクトマネジメントの概要についてなんとなくイメージは掴めてきたでしょうか。
最後に、一番気になっているであろうマネジメント(管理)方法について、具体例を挙げながら説明させていただきます。
今回紹介するのはフレームワークの1つ、その名も【プロジェクトキャンパス】です。

このフレームワークは
①土台
②人材
③創造物
という3つのドメインから構成されており、どれもプロジェクトの成功に不可欠なものになっています。

まずは①土台=目的の設定から始めましょう。
当然どのプロジェクトにも目的が存在しますが、これを定義することは非常に大切なことです。
例えば、新たにAというシステムを導入する案が出たとします。
このプロジェクトの目的は何になるのでしょうか。
それは、Aを使って ”作業効率化や収益を実現すること” です。
システムの導入は手段であって目的ではなく、極端な話もっといい方法があればAの導入自体必要がないという結論になります。
「時間とコストをかけてAを導入したのは良いが、思ったより成果が上がらなかった」ということが無いよう、目的を明確にするようにしましょう。

②人材では、内外含めてプロジェクトに関与する全ての人の洗い出しを行います。
メインで進行を行う管理者やその後援者、受益者などの利害関係者もそれにあたります。
実行する際に必要となるスキルやかかる費用についてもここで意見を出し合いましょう。

最後に③創造物です。
このプロジェクトが何を生み出し、何を実現するのか(成果物)や、作業はいつ、どのように行われるのか(計画)などを定義します。

以上で完了ですが、ここで注意点があります。
それは、プロジェクト参加者の合意に基づいて作成を行うことです。
プロジェクトキャンバスは皆の役に立つものであり、それぞれの認識を揃える必要があるのです。
時間はかかりますが、全員でブレーンストーミングを行い※、納得がいくまで各ドメインとその構成要素について議論しましょう。

このプロジェクトキャンパスはプロセスの各段階の指針となり、プロジェクト中には、進捗状況の追跡と重要な要素・前提の有効性が失われていないかの確認として、終了後には、評価と得られた教訓を今後に活かすために使用することができます。
新しいモノが次々に生まれていくこの時代、目的を達成する手段は以前と比べて非常に多くなってきています。
柔軟性があり、必要に応じた迅速な変化を可能にする【プロジェクトマネジメント】に少しでも興味を持っていただければ幸いです!

※ブレーンストーミング
参加者が自由に多くの意見を出し合うことで、独創的なアイディアを引き出す集団思考法
①他人のアイデアを否定しない。
②自由に発言する
③質より量を求める
④アイデアを連想、結合する
以上、4つを基本原則とする。

出典元
「アジャイル化するプロジェクトマネジメント」(HarvardBusinessReview(2022.2):ダイヤモンド社)

今回は「夏至」についてのお話をちょこっと…

2022年6月02日

記事をお読みいただきありがとうございます。
経営管理部部長の出口です。

6月に入りましたね。
1年のうちの半分近くが終わろうとしています。
6月と言えば梅雨のシーズン。アジサイを絵に語ろうかと思いましたが、近頃は、真夏のような日差しを感じましたので、急遽お題を「夏至」に変更してみました。
(時節に敏感になりましょう!!)

「夏至」は、祝日でもなく目立った行事もないため、なじみが薄いかもしれません。
よく、おばあちゃんたちが、もうすぐ「夏至」だね~と話されたことはありませんか?
夏至の意味や日本各地に伝わる風習を知るだけでも季節感を感じられ、夏を迎える心の準備になる気がします。

2022年の夏至は6月21日(火)です。(毎年6月21日か22日です)
「夏至」は日本や中国で用いられる太陰太陽暦の二十四節気の一つです。
夏至には「日長きこと至る(きわまる)」という意味があります。
一年のなかで最も昼の時間(日の出から日の入りまで)が長くなり、太陽の南中高度が最も高くなる日です。
(一方、南半球では逆に一年のなかで昼の時間が最も短くなります)
行事も各地にいろいろあり、伊勢神宮に参拝する前に訪れるべき二見輿玉神社では「夏至祭」が行われ、多くの神社で大祓の行事や、夏至に食す食べ物(冬瓜、タコ、新小麦で餅や団子や饅頭を作って神様にお供え)などの風習もあります。

イギリスでは古代遺跡「ストーンヘンジ」で行われる「夏至祭」が有名です。
スウェーデンでは、夏至を夏至祭(ミッドサマー)として華やかに祝います。
フィンランドも夏至のころには白夜を迎え、この国では夏至祭は一年のうちで重要な行事の一つです。

普段、仕事ではパソコンを見つめ、道を歩くにも、電車の中も、友達といてもスマホを見つめ、時節の移り変わりを見逃してはいませんか?
たまには、空を見上げ雲の流れを見て、風を感じて、雨に打たれるアジサイを見て、大きく息を吸いましょう!!
一年で一番昼が長い1日を皆さんはどう過ごされますか?
一年で一番昼が長い1日、夏の始まりを感じていただけたらと思います。

あらためて「NEXTシステムズ」について                        NEXTシステムズのこれまで、(その2)「ダンプトラック」

2022年6月01日

前回は、
「セールスマンが「買ってください」と言わなくとも、売れるには?」を書きまして、
「次回は、会社を起業してから現在までと継続している取り組みについてお届けしたいと思います。」
と結びましたが、この継続している取り組みをご説明する前に、触れておかなければならないエピソードがあります。
確かに飛び込みで早々売れるものではないコンピューターシステムですが、それでも東京では、企業規模と企業数が違います。
見込み顧客は見つかります。飛び込みしてすぐ、見積書をお出しするケースもままありました。

しかしながら当時の福岡は厳しいものでした。
おおよそ2年ほど飛び込みセールを行いますが、見積書をお出しできたのが2件ほど。
「コンピュータのご説明に来ました」と企業訪問すると、「コンピュータもう使っているよ」と指を刺された先に、「(シャープ社製)書院」(ワ、ワ、ワードプロセッサ。。。。こちらも今では知らない人の方が多いかと思いますが。)それくらいまだ中小企業におけるコンピュータシステムの認知度は低い状況でした。
(↓画像はシャープ社製「書院」)

そんな中、会社の既存のお客様のご紹介で、システムの初めての受注をする機会が訪れました。
対象のシステムは、オフコン(オフィスコンピューター)と呼ばれるハードウェアを使った、製造業のお客様の「原価管理システム」でした。

https://museum.ipsj.or.jp/computer/office/0049.html

10数回にも及ぶ訪問で、700百万円のご注文。良かったよかったのハッピーエンドだったのですが、ここで衝撃的な言葉に出会います。
注文書に印鑑をいただく際に、横でお客様企業の会長さんが一言、
「これに700万も払うくらいやったらダンプ1台買ったほうが稼ぐわ!」
(ダンプトラックとコンピューターが同じ目線で取り扱われている。。。。と慄きました。)
確かにコンピューターの価値を明確に見せることができなかったので「どれくらい稼ぐのか」と問われても、返答できない自分がいました。

そして、このオフコンシステム、リース料に換算すると150,000円/月ほど、当時の私の初任給135,000円を凌ぐ費用。
年収の3倍に迫るシステム価格でしたので、このシステムは自分より稼ぐのか?などと頭をよぎりました。

この経験で、学び感じたことが3点ほど、
・お客様の価値観を理解するためにはどうした良いのか?
・このシステムはシェアできないのか?
・シェアすることでリーズナブルな価格にできないのか?

こうした学びが、クラウドサービスやオープンソースへの興味の大元となるのですが、、、、、
続きはまた次回とさせて頂きます、今回もお目通し頂きありがとうございました。

(画像参照元)
シャープ社製「書院」:https://corporate.jp.sharp/info/history/only_one/item/t21.html
NEC社製オフコン:https://museum.ipsj.or.jp/computer/office/0049.html

クラウドの種類について

2022年5月30日

記事をご覧いただきありがとうございます。サービスデスクチームの森島です。
今回は研修で学んだクラウドの種類について、書いてみようと思います。
最近は、「クラウド化」に関心が高まっていますが、クラウドの種類についてはご存じでしょうか?

SaaS

SaaSとは、Software as a Serviceの略で、パッケージ製品として提供されていたソフトウェアをインターネット経由で提供できるようにしたものです。
特徴としては、インターネットがあればどこでもアクセスできること、複数人で編集ができることが挙げられます。
なんだか、英語で難しいように見えますが皆さんの身近にもSaaSのものがたくさんあります。
例えば、Microsoft365。もともとは、パッケージ製品を購入しインストール、もしくはオンラインで購入しインストールする必要がありました。
しかし現在は、毎月月額の費用を払うことで、サブスクリプションとして利用できるようになりました。
SaaSの代表例と言えますね。

PaaS

PaaSとは、Platform as a Serviceの略で、クラウドにあるプラットフォームが利用できるサービスです。
アプリケーションやソフトを稼働させるための仕組みをインターネット上のサービスとして提供したものです。
ユーザはそのひとつのプラットフォーム上で開発を行ない、そのままそのプラットフォーム上で稼働させることによりサービスを提供することができます。
特徴としては、コストを抑えてシステム開発を進められること、PaaS上で構築されたサービスは、顧客にも提供可能なことが挙げられます。

IaaS

IaaSとは、Infrastructure as a Serviceの略で、クラウドコンピューティングの一つです。
情報システムを稼働させる際に必要とされる機材やネットワークをインターネット上で提供したものです。
仮想化技術を利用してハードウェアリソース(CPU/メモリ/ストレージ)などのデジタルインフラをインターネット経由でオンデマンドで提供します。
特徴としては、サーバ購入の手間が省けること、柔軟なシステム運用ができることが挙げられます。

クラウドの種類について記述しましたが、クラウド化するメリットは何でしょうか?
オンプレミスと比べてみると、物理的なサーバを購入する必要がないので、設置費用、維持費用(電気代など)、保守費用といったコストが削減できること、また障害発生時にはクラウドサービス提供会社が復旧を行ってくれる等、多くのことが挙げられます。
社内で使っているシステムをクラウド化したいけど、何から始めていいかわからない、といったお困りごとがございましたら弊社お問い合わせフォームからご相談ください。

引用元サイト

https://manual.sakura.ad.jp/cloud/manual-overview.html

https://azure.microsoft.com/ja-jp/overview/what-is-saas/

https://pfs.nifcloud.com/navi/beginner/iaas.htm

https://www.rworks.jp/system/system-column/sys-entry/21352/