【BLOG更新】NEXTブログ「利用前と利用後で何が変わった?Nextcloud利用者へインタビューしてみた!」公開のお知らせ

2021年9月17日

NEXTブログ更新致しました!

 

本ページでは、オープンソースのオンラインストレージ『Nextcloud』を
実際のプロジェクトで使用している社員にインタビューを行いNextcloudの魅力をお伝えする記事となっております。
ぜひご覧ください!

リンク:利用前と利用後で何が変わった?Nextcloud利用者へインタビューしてみた!

 

利用前と利用後で何が変わった?Nextcloud利用者へインタビューしてみた!

2021年9月17日

お世話になっております。
NEXTシステムズのカワムラです。

皆さん如何お過ごしでしょうか。最近は夏も終わりそろそろ秋に入ろうかな、という所で暑い日と涼しい日が交互にやってくるので体調管理が中々難しいですね…

さて、前回投稿の「ビジネスチャットツール何使ってる?Mattermostのおススメポイント10個挙げてみた!」では弊社の取り扱い製品である、Mattermostの紹介を行ってまいりました。
今回は弊社が現在サービス展開に向けて準備中のNextcloudについての紹介です。
Nextcloudを実際のプロジェクトで使用されている、弊社メンバーにお話を伺い、Nextcloudの魅力に迫ります!

それでは、本編であるインタビューの様子をどうぞ!

カワムラ

本日はNextcloudの紹介記事と言う事で、実際のプロジェクトでNextcloudを使用されているITサービス事業部インフラサービスチームのリーダーであるヨシノさんにお話をお伺いしようと思います。それでは本日はよろしくお願い致します。

ヨシノ

はい、よろしくお願いします。

カワムラ
早速、質問の方へ移らせて頂きます。
プロジェクトを進めるに当たってNextcloudを使用する事になったきっかけは何ですか?

ヨシノ
現在進行中のプロジェクトにおいて1工程につきドキュメントが7~8ドキュメント作成する必要があり、全部で7工程あるので単純計算でも約50程のドキュメントが作成されるので管理が大変である事、それに加えて取引先企業様とのやり取りはチャットツールのMattermostを使用しているのですが、そこにパートナー企業様とのやり取りも絡んできますので、NEXTとA社(取引先企業)、NEXTとB社(パートナー企業様)、A社とB社とでやり取りや資料の共有が行われます。複数社間でファイルのやり取りを行う上で、ファイルの共有時のセキュリティという課題が生じました。ファイル共有やコミュニケーションを行うアプリケーションがあれば便利だよね、という話になりNextcloudを導入するきっかけになりましたね。

カワムラ
単純なファイル共有だけでなく3社間でスムーズなやり取りが行えるツールがあれば、と言う事で今回Nextcloud導入された、と言う事ですね。

カワムラ
それでは続いての質問です。
Nextcloudはプロジェクト管理をする上でどの様に活用されていますか?

ヨシノ
ファイルの共有が主、というかほとんどそれしか現在は使用していません。
Nextcloudにはファイル共有先の制限という機能があるので、パートナーであるB社様にしか共有されない資料、A社様にしか共有されない資料といった感じで運用しています。
ただ、Nextcloudにはファイル共有以外にも多くの機能やアプリケーションが存在しているので、そういった機能を個人的に使用されている方はプロジェクト内に居るかもしれませんね。
私個人としてはタスクや進捗を管理する「Deck」という機能をよく使っています。

カワムラ
使用していて感じるNextcloudの一番の強みは何だと思いますか?

ヨシノ
そうですね、まずは多機能なところでしょうか。
正直なところを言ってしまえば広く使える代わりにストレージ以外の機能は他のツールと比べると器用貧乏な部分は否めませんが、現在も活発に開発が続いています。Nextcloudの「Mail」機能は使いづらいかもしれませんが、Nextcloudはオープンソースなので伸びしろはまだまだたくさんあります。そういう面ではオープンソースと言う事で自社開発が可能な点も魅力的ですね。

カワムラ
Nextcloudはオープンソースなのでいざとなれば自分たちでプラグインの開発も可能ですしね。
そういう拡張性がやはりヨシノさんから見たNextcloudの特長という訳ですね。

ヨシノ
他には外部に公開しないクローズな環境での運用でもオープンな環境での運用が可能な点も魅力的だと思います。完全に社内のみのポータル的な運用でも良いですし、現在私たちが使っている様に他社様を巻き込んでの利用もできます。とにかくNextcloudには可能性を強く感じています。

カワムラ
幅広い運用が可能な汎用性、現在も開発が活発に行われている拡張性や将来性といった部分がNextcloudにとっての強みと言う事ですね。

カワムラ
それでは続いての質問です。
先方のNextcloudに対する感触はどの様なものでしたか?

ヨシノ
中々難しい質問ですね(笑)
導入した当初ミーティングの中で、NextcloudはdropboxやBOXと同じようなファイル共有のアプリケーションとしか思っていなかったのでこんなに多くのアプリケーションがあるとは思っていなかった、とかなり驚かれていた記憶はありますね。

カワムラ
BOXやDropboxはファイル共有の機能しか持っていないのでNextcloudの様にファイル共有機能の他にメールやチャット、タスク管理等の機能があるというのは確かに新鮮ですよね。

カワムラ
それでは続いての質問です。
先ほどからお話に出ているDropboxBOXなど他のオンラインストレージサービスとNextcloudを比較してみて強い点・弱い点は何かありますか?

ヨシノ
まずは強みとしては、機能的な点ですね。
先ほどから出ている通り、Nextcloudは多くの機能が存在していますが、だからと言ってオンラインストレージとしての機能が手薄になっているか、と言われるとそういう訳でもありません。
他の製品と比べてもファイル共有に関して困ったという話は取引先からは頂いていません。

カワムラ
ファイルの保存を主目的とした他の製品と何ら遜色なく使えて、その上で多数の機能が使えると言う点が機能的であり、それこそが強みと言う事ですね。

ヨシノ
そうですね。
逆に弱みを上げるとすると自社構築のNextcloudではまだまだ安定性に欠けるという点と、
MacとWindowsで異なる挙動を示すので調整が必要な点、ですかね。
これは弱みというよりも自社構築をする上での改善点、にあたる部分かもしれませんが。

カワムラ
現在弊社でもNextcloudの構築/運用保守サービスを展開していこう、という動きがあるので今後の改善点としても取り上げていかなくてはなりませんね。

カワムラ
それでは続いての質問です。
世間では「PPAP問題1」が何かと話題となっていますがNextcloudの活用で解決可能でしょうか?

ヨシノ
はい、可能だと考えています。
先ほども話には出ていたと思うんですけど、Nextcloudには共有先の指定や制限が出来ます。
ファイルのセキュリティに関する機能も多くあった筈なのでそれらを上手く活用できれば十分にPPAP問題は解決可能なのかな、と思います。
ただ、PPAP問題は解決しよう、対策しようと世間で言われていても実際に動いていたり危機感を持って動いたりしている人はまだまだ少数派です。
なので、Nextcloudを積極的に活用しつつ、相手方の事情を考慮した柔軟な対応が必要だと思います。

カワムラ
それでは続いての質問です。
使いやすい、便利だと感じた機能は有りますか?

ヨシノ
実際に使ってみたものに限った話になってしまうのですが便利だと感じた機能は他のオンラインストレージと違って、ファイル共有は当然の事として、プロジェクトやチャット機能、Zoomの様なWeb会議が出来る機能、進捗管理のDeck機能等のビジネスシーンで使える!という印象のアプリが横断的に使用できるのがとても使いやすく感じましたね。

カワムラ
そうですね。私たちがNextcloudをサービスとして展開する為にどんな機能があるか調査した際も数えきれないほど機能が有りましたし、そのうち調査をしっかり行えたものもほんの1割ほどだったのかな、と思います。

カワムラ
逆に、この機能はもっと改善してほしい、今後に期待したい機能は有りますか?

ヨシノ
タスクチケットとプロジェクトのロードマップ、WBS、要するにタスクとスケジュールを紐づけた機能があれば使ってみたいな、と思いますね。
改善してほしい点で言えば、ハードやソフトの要件もですけど、なるべく色んな環境で使える様になってほしいですね。

カワムラ
Nextcloudの導入障壁が下がればもっといろんな人がとっつきやすくなるのに、と言う事ですね。

ヨシノ
そうですね。
導入や構築までの手順書のナレッジが基本的に全て英語なので、そういう部分がもっと日本語化されればと思ってはいますが、そう言う部分は開発元ではなく、オープンソースの製品を使って商売をする私たちの課題かもしれませんね。

カワムラ
それでは最後の質問です。
Nextcloudを他社様へ紹介する際、どの様な部分を推したいですか?

ヨシノ
NEXTシステムズのサービスとして売り出していくにはまだまだ準備が必要な段階だとは思いますが、オープンソースという部分を強く押し出す事が出来ればな、と思います。
オープンソースなので、お客様の課題や要望に応じたカスタマイズが可能な製品ですよ。
という点ですね。

カワムラ
そうですね。弊社がオープンソースの活用、という点を会社として重きを置いている部分ではあるのでそういう背景も込みでNextcloudとの親和性がとても高いのかな、という事ですね。
それではNextcloudに関するインタビューを終了と致します。
何かインフラチームから記事を読んでいる方たちへメッセージがあればお願いします。

ヨシノ
現状少数精鋭で運営しているインフラチームです。
お客様に寄りそうという姿勢は他のどのチームにも負けない最大の武器だと思っています。
もしITに関する困りごとがある際は一言ご相談頂ければ何かお力になれるかもしれません。
NEXTシステムズのITインフラサービスチームを何卒よろしくお願いします。

カワムラ
大変力強いメッセージ、ありがとうございます。
以上で本日のインタビューは終了です。
お付き合いいただきありがとうございました。

ヨシノ
ありがとうございました!

さて、如何だったでしょうか。
Nextcloudの魅力が少しでも伝われば幸いです。
インタビュー中でも出てきましたがNextcloudの構築、保守サービス展開へ向けて
ただいま絶賛準備中ですので続報をお待ち下さい!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!
それでは、また次のブログでお会い致しましょう。

 

※1
PPAP問題とはファイルを共有する際にパスワード付きzipファイルをメールで送信し、その後メールでパスワードを送信するという方法がセキュリティ上問題があるとして日本政府が廃止する事を明らかにしたファイル送信方式の事

PPAPは
P…Password付きZip暗号化ファイルを送ります
P…Passwordを送ります
A…暗号化します
P…Protocol(プロトコル=手順)
の略語を指します。

ビジネスチャットツール何使ってる?Mattermostのおススメポイント10個挙げてみた!

2021年8月20日

お世話になっております。
NEXTシステムズのカワムラです。
普段はサービスの保守を始め
Webサイトの構築/保守や
マーケティングに関する業務を行っています。

さて、皆様は社内チャットツールに何を使用されていますか?
メジャーどころで言えばSlackやChatwork、最近だとLINE WORKSを社内チャットツールに使用している
企業が多いのではないでしょうか。
チャットツールは社内のちょっとしたやり取りは勿論、取引先との連絡や相談のハードルを下げてくれる、
ビジネスにとって無くてはならない存在です。
弊社では数年前よりMattermostというオープンソースのチャットツールを使用しています。
今回はMattermostのおススメポイント10個をご紹介します!
是非最後までお付き合い下さい。

1.閲覧できるログに上限がない

Mattermostは閲覧できるログの上限がありません。
会議の議事録や重要なやり取りをいつでも振り返ることが出来ます。

2.マークダウン記法が使えるから読みやすい文章が簡単に作れる!

Mattermostはマークダウン記法を採用しており、文章中の文字の大きさの変更や
文章中へのリンクの埋め込み等を手軽に変更できます。
※マークダウン記法とは文章前に「#」や「*」等の記号を挿入し、
見出しや箇条書きなどを表示させる事で文章を見やすくする事を目的に
アメリカで開発された文章フォーマットです。

3.自分へ宛てたメッセージの検索が可能!

Mattermostは自分宛のメンションを一括で確認できます。
画面右上にある「@」をクリックする事で自分が参加しているチャンネルに
記載されている全ての自分宛メンションが付いた投稿を見ることが出来ます。

4.重要なメッセージを固定して見逃さない!

Mattermostには投稿内容をチャンネルに固定する機能があります。
この機能を活用すれば重要な情報を決して見逃すことはありません!


5.スマホアプリがあるのでいつでもどこでも業務のやり取りができる!

Mattermostは開発元のMattermost社がスマートフォンアプリを提供しています。
iOS/android両方で配信されていますのでいつでもどこでも情報共有が可能です!

6.自社サーバーへインストールするから情報漏洩の危険性が少ない!

Mattermostは自社で用意したサーバー内にインストールして利用するので、
自社サーバーのサーバーセキュリティが高ければ高いほど情報漏洩の心配がなくなります!

7.ファイル投稿に容量制限がない!

チャットツールの多くはユーザー毎に投稿できるファイル総量に制限が掛かっています。
Mattermostは自社サーバーへインストールする為、サーバーの容量が許す限りファイルを投稿できます!
ただし、一度に投稿できるファイル数と容量には制限があるのでご注意ください。

8.多くの言語に対応!

日本語を始め英語、スペイン語など計13種類の言語に対応しています!
ユーザー毎に表示する言語の設定が可能です!

9.オープンソースだから拡張機能をその気になれば自分たちで作れる!

Mattermostはオープンソースのチャットツールです。
「こんな機能あればいいな…、この機能こう出来たら便利にならない?」という要望を自分自身で解決可能です。
また、Mattermostのプラグインを開発している企業・団体もあるので目的に沿ったプラグインを探し導入することも可能です!

10.Slack上のデータがインポート可能なので移行も楽々!

MattermostはSlackからの移行をサポートしてくれる専用ツールが存在しており、
コマンドを実行することでSlackのデータをエクスポート、そのままMattermostへのインポートが可能です!
Slackではプランにより過去データ閲覧に制限がかかります。 そのため「過去の重要なチャットが見れなくなってしまった…。」というケースがあれば、Mattermostへの移行をご検討されてみてはいかがでしょうか。※1

 

さて、これまでMattermostのおススメポイントを紹介してきましたが如何だったでしょうか。
サーバーさえ用意してしまえば無限の可能性を持ったチャットツールが貴方を待っています。
もし、Mattermostに興味をもったけど自分達でサーバーを用意したり環境構築したりするのは難しいよ…
と思った方は是非弊社のMattermost構築/運用保守サービスをご活用ください!
それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Mattermost構築/運用保守サービス紹介ページへ進む(外部サイトへ移動します)

 

※1
Slackにはワークスペースが存在する限り全てのメッセージとファイルが保存されるという仕様があり、プランの上限を超えた場合閲覧が出来なくなるだけでファイル自体は保存されています。
SlackからMattermost へデータを移行すると閲覧上限がなくなり、見れなくなった過去のやり取りも閲覧することが可能になります。

2021年2月度 UOS九州支部オープンセミナーのご案内

2021年2月12日

UOS九州支部オープンセミナーのご案内です。
Webライブ配信で行います。

ご参加希望の方は下記URLからお申し込みをお願いいたします。

https://techplay.jp/event/808188

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日時:2021年2月18日(木) 16:00~18:00

=================================

・16:00~ 開始(Webライブ配信)

・16:00~16:10 支部長挨拶/理事会報告

・16:10~16:40 各委員会報告

・16:40~18:00 講演

題名:デザイン経営?それやったら何がどう良くなるわけ?

講師:正田 英樹 様  株式会社chaintope代表取締役 CEO代表

講演後、質疑応答
会場におけるQAおよびZoomチャット機能QA利用
================================

※役員の皆様へ

役員会は、同日14:30より別途、会場およびWebにて開催致します。

◆役員会 14:30~15:40
・支部長挨拶、理事会報告 10分 14:30~14:40
・各委員会報告 20分 14:40~15:00
(協業、フェア、教育、総務)
・その他 40分 15:00~15:40
・今後の支部活動について意見交換
・その他
~支部長閉会挨拶

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

UOS2月度オンラインセミナー.pdf

【SaaS Bank】楽楽精算公開のお知らせ

2021年1月21日

 

SaaS Bankにて、本ページでは、クラウド型経費精算システム『楽楽精算』をご紹介しています。
ぜひご覧ください!

リンク: https://saasbank.jp/solution/rakurakuseisann/

2021年1月度 UOS九州支部オープンセミナーのご案内

2021年1月06日

UOS九州支部オープンセミナーのご案内です。
Webライブ配信で行います。

ご参加希望の方は下記URLからお申し込みをお願いいたします。

https://techplay.jp/event/803854

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日時:2021年1月21日(木) 16:00~18:00

=================================

・16:00~ 開始(Webライブ配信)

・16:00~16:10 支部長挨拶/理事会報告

・16:10~16:40 各委員会報告

・16:40~18:00 講演

題名:デザイン経営?それやったら何がどう良くなるわけ?

 

講師:一色 知行 様  CHIKOH Design Lab代表

講演後、質疑応答
会場におけるQAおよびZoomチャット機能QA利用
================================

※役員の皆様へ

役員会は、同日14:30より別途、会場およびWebにて開催致します。

◆役員会 14:30~15:40
・支部長挨拶、理事会報告 10分 14:30~14:40
・各委員会報告 20分 14:40~15:00
(協業、フェア、教育、総務)
・その他 40分 15:00~15:40
・今後の支部活動について意見交換
・その他
~支部長閉会挨拶

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

UOS月例案内202101

2020年12月度 UOS九州支部オープンセミナーのご案内

2020年12月05日

UOS九州支部オープンセミナーのご案内です。
Webライブ配信で行います。

ご参加希望の方は下記URLからお申し込みをお願いいたします。

https://techplay.jp/event/801887

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日時:2020年12月10日(木) 16:00~18:00

=================================

・16:00~ 開始(Webライブ配信)

・16:00~16:10 支部長挨拶/理事会報告

・16:10~16:40 各委員会報告

・16:30~18:00 講演

題名:松下幸之助に学ぶ「芯のブレない人・組織づくり」

ピンチをチャンスに変える、人を活かす風土づくりとは?

講師:久保山 武 様  パナソニックライフソリューションズ創研株式会社

講演後、質疑応答
会場におけるQAおよびZoomチャット機能QA利用
================================

※役員の皆様へ

役員会は、同日14:30より別途、会場およびWebにて開催致します。

◆役員会 14:30~15:40
・支部長挨拶、理事会報告 10分 14:30~14:40
・各委員会報告 20分 14:40~15:00
(協業、フェア、教育、総務)
・その他 40分 15:00~15:40
・今後の支部活動について意見交換
・その他
~支部長閉会挨拶

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

九州支部月例案内_20201210.pdf

2020年11月度 UOS九州支部オープンセミナーのご案内

2020年11月11日

UOS九州支部オープンセミナーのご案内です。
Webライブ配信で行います。

ご参加希望の方は下記URLからお申し込みをお願いいたします。
https://techplay.jp/event/799288

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日時:2020年11月19日(木) 16:00~18:00

=================================

16:00~ 開始(Webライブ配信)

16:00~16:10 支部長挨拶/理事会報告

16:10~16:40 各委員会報告

16:30~18:00 講演
題名:「DX(デジタルトランスフォーメーション)時代にこそIT企業に期待する!」
デジタル内製化が叫ばれるDX時代! IT企業に期待されることは何か?

講師:村上 和影様  株式会社DXパートナーズ

講演後、質疑応答
会場におけるQAおよびZoomチャット機能QA利用
================================

※役員の皆様へ

役員会は、同日14:30より別途、会場およびWebにて開催致します。

◆役員会 14:30~15:40
・支部長挨拶、理事会報告 10分 14:30~14:40
・各委員会報告 20分 14:40~15:00
(協業、フェア、教育、総務)
・その他 40分 15:00~15:40
・今後の支部活動について意見交換
・その他
~支部長閉会挨拶

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

九州支部月例案内_202011.pdf

【SaaS Bank】DX人材スキル研修公開のお知らせ

2020年11月11日

SaaS Bankにて、DX人材スキル研修のページを公開しました!
本ページでは、問題解決技法とファシリテーション能力の育成を目的とした研修「DX人材スキル研修」をご紹介しています。
ぜひご覧ください!

DX人材スキル研修

【SaaS Bank】旗振~hata free~公開のお知らせ

2020年11月11日

SaaS Bankにて、本ページでは、商蔵奉行クラウド(オービックビジネスコンサルタント社製)を

より便利に使うための機能を実装した拡張システム「旗振~hata free~」をご紹介しています。
ぜひご覧ください!

奉行クラウド連携サービス『旗振~hata free~』