福岡ってこんなところブログ -第1弾-                                           「有名なインテリアデザイナーの作品があるアニメの聖地・宝満宮竈門神社(太宰府市)」

2022年9月30日

高野@事業戦略チームです。
ちょっとITを離れて、地元・福岡についてブログ連載します。

連載しようと思ったきっかけは、福岡を訪れた友人との会話です。

私「福岡はどうだった?」
友「食べ物が美味しかった。」

私「どこか観に行った?」
友「太宰府天満宮と糸島と柳川かな。」

私「他には行かなかったの?」
友「え?他に何かあるの?」

福岡については、それなりに知名度もあり認知されているものと勘違いしていたようです。

●福岡県は地価上昇率が2年連続で全国1位(NHK)
https://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20220920/5010017477.html

●住みたい街ランキング、福岡市が3年連続全国首位(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC2428G0U2A820C2000000/

ありがたいことに、お取引先の方々もこのブログを読んでいただいております。
この機会を通して「福岡ってこんなところ」を発信していきたいと思います。

太宰府市を観光で訪れる方はとても多いです。年間で850万人以上です。
そこで弊社社員に太宰府の観光地についてアンケートをとってみました。

訪ねたことのある太宰府の観光地は?

【第1位】 太宰府天満宮
菅原道真公(学問の神様)をお祭りした社。
https://www.dazaifutenmangu.or.jp/

【第2位】 スターバックス太宰府表参道店
新国立競技場や銀座歌舞伎座の設計で有名な隈研吾さんの作品。
https://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2011-754.php

【第3位】 九州国立博物館
2005年にオープンした歴史系博物館。年間来館者数は65万人以上。
https://www.kyuhaku.jp/

しかし、衝撃的なことが判明しました。
他の回答候補は0票だったのです!!!!!!

大宰府政庁跡
史跡名は「大」です。「太」ではありません。
https://www.dazaifu-japan-heritage.jp/dazaifu/jp/spots/dazaifu-government-office-ruins.html

坂本八幡宮
「令和」という元号の由来となった万葉集序文の舞台となった社。
https://www.city.dazaifu.lg.jp/site/kanko/11375.html

筑紫戒壇院
出家者が正式の僧尼となるために必要な戒律を授けるために設置された奈良時代の施設。
https://www.city.dazaifu.lg.jp/site/kanko/12081.html

そこで今回のブログでは、私の地元でもある太宰府から「宝満宮(ほうまんぐう)竈門(かまど)神社」をご紹介します。
公式ウェブサイトはコチラです。
https://kamadojinja.or.jp/
個人的にぜひ観ていただきたいウェブサイトはコチラです。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/japan-travel-planner/fukuoka/0000024.html

唐突ですが・・・以下の3名をご存じでしょうか?
いずれも宝満宮竈門神社に所縁のある3名です
□ 片山 正通(かたやままさみち)
□ Jasper Morrison(ジャスパー・モリソン)
□ 竈門 炭治郎(かまどたんじろう)

1.片山 正通(かたやままさみち)
株式会社ワンダーウォール代表
武蔵野美術大学空間演出デザイン学科教授
https://wonder-wall.com/ja/

1350年の歴史をもつ神社の社務所立て替えプロジェクトに参加したインテリアデザイナーさんです。
2012年12月に竣工しましたが、100年後を見据えた計画がテーマとなっているそうです。
アートやデザインに先見性のある宮司の理解があり、ただ伝統を受け継ぐだけでなく、
その時代にできる新たなチャレンジを加えて、人々に愛され続ける神社とすることを基調としているとのことです。

宝満宮竈門神社・授与所
https://wonder-wall.com/ja/project/288/

イチオシの片山作品はこれ!! 境内に設置された手水舎(てみずや、ちょうずや)
2020年のコロナ禍を受けて従来の手水方法を見直し、現代における手水舎のあり方を探ることとなった。
人々が神域を訪れる際、周辺の川や海で禊を行なっていたことが手水の起源。
恵みの雨が降りそそぎ、木の枝から滴り落ちる水が大地に染み込み、湧き水が川となり海になる。
この循環の中の「枝から水が滴る瞬間」を可視化した。
引用:Wonderwallウェブサイト
https://wonder-wall.com/ja/project/380/

2.Jasper Morrison(ジャスパー・モリソン)
Office for Design代表
片山正通氏と同じ宝満宮竈門神社の社務所立て替えプロジェクトに参加したロンドン出身のプロダクトデザイナーさんです。
古さを残しながらも新しいデザインのエッセンスが加えられ、木材と石材を調和させた気持ちの良い展望デッキを創り出しています。
季節や気象により表情が変わるのがとても面白いです。
私はよく晴れた冬の日の眺めが大好きです。格別ですよ。ぜひ温かいコーヒーを片手にお越しください。

3.竈門 炭治郎(かまどたんじろう)
あらかじめ申し上げますが、私は「鬼滅の刃」のことについては、ほぼ知りません。
アニメも映画も観ていません。ただ、世の中でブームになったことを知っている程度です。
この「鬼滅の刃」ですが、いくつかの事柄からファンの間では宝満宮竈門神社を聖地巡礼スポットとして人気を集めています
その1  作者が福岡県出身であること
その2  主人公の名前が「竈門 炭治郎(かまどたんじろう)」であること
その3  宝満宮のある宝満山で修行する人は「市松模様」の装束を着用すること

鬼滅ブームにあやかって観光に来てくださいとは言いません(笑)

ただ、私は25年以上前から宝満山にはときどき登っていますが、とても険しい岩山です。
江戸時代にはこの宝満山で夢想権之助(夢想流杖術開祖)という修験者が修行したという口述があるそうです。
宝満山も宝満宮竈門神社も、まぎれもないパワースポットだと思います。

少しでも私の地元である太宰府市に興味を持っていただき、行ってみたいなと感じていただければ幸いです。
次回はまだ何を書こうか考えていませんが、「実は福岡には竈門神社がもうひとつ!?」になるかも知れません。
最後までお読みいただきましてありがとうございます。

大事なことをお伝えし忘れていました・・・

宝満宮竈門神社主祭神の玉依姫命(たまよりひめのみこと)は、魂(玉)と魂を引き寄せる(依)、引き合わせる御神徳から、
男女の縁をはじめ、家族、友人、仕事など幅広い良縁成就の神様として親しまれています。
「縁結び」「良縁」のご利益があると若い女性やカップルを中心に人気のパワースポットとなっていますので、ぜひお越しください(笑)

<<参考ウェブサイト、出典>>
1.ふらっと太宰府
https://www.city.dazaifu.lg.jp/site/kanko/15847.html
2.全日空 Japan Travel Planner
https://www.ana.co.jp/ja/jp/japan-travel-planner/fukuoka/0000024.html
3.西日本新聞 2020/1/29記事「人気漫画・鬼滅の刃の聖地? 福岡・竈門神社、ネットで話題に」
https://www.nishinippon.co.jp/image/163522/
4.温泉ニュース 2021/12/23記事「宝満宮竈門神社・鬼滅の刃の聖地として話題!縁結びや厄除、大宰府の鬼門封じとして知られる古社」
https://onsennews.com/homangu_kamadojinja_20201218/

脆弱性〜偶発的脅威とその対策〜

2022年9月26日

こんにちは、インフラサービスチームの吉野です。
前回は米Appleで発表されたOSの脆弱性を例に挙げながら、“脆弱性”と”意図的脅威”についてお話しました。
今回は前回の続きとして、“偶発的脅威”についてお話したいと思います。

“偶発的脅威”とは

偶発的脅威とは、その言葉通り「偶然、たまたま起こってしまった脅威」です。
一番わかりやすいところですと、ヒューマン・エラー(うっかりミス)ですね。
操作ミスや設定ミスが原因で発生したインシデントやトラブルのことです。
BCCにしなければいけないのにCCとしてしまったことでメールアドレス(=顧客情報)を流出してしまった、といったことが挙げられます。

また、故障や停電も偶発的脅威の要因の一つです。
急に機器などのIT基盤が故障することで、業務ができない、といったトラブルが考えられます。

防止策

ヒューマン・エラーは、私たちが人間である以上、避けられませんし、人間誰しも慣れてくるとどうしても流れ作業になったり、注意が散漫になったりするものです。
ですが、チェックをチェックシートを用いて、2重・3重にチェックを行ったり、一つのミスが大きなインシデントにつながるような作業を行う際は、作業者と確認者などの役割を設けることで、発生確率を下げることができます。

また、機器の故障や停電に対しては、機器や回線を冗長化させて片方の機器が故障してももう片方の機器で継続できる構成にしておいたり、UPS(無停電電源装置)を導入したりすることで、発生確率を下げることは可能です。

ただし、それでも発生してしまうこともあります。
ですので、発生してしまったときのために、バックアップをこまめに取っておく、緊急時の連絡先を用意しておく、インシデント発生時の動きをおさらいしておく、
など「インシデント対応マニュアル」のようなものがあると安心して業務や作業が行えるのではないでしょうか。

最後に

トラブル、、、考えただけで嫌な気分になりますね。
一番の防止策は、「絶対にインシデントを起こさない!」と思いながら、緊張感を持って業務に向かうことなのかもしれませんね。

 

参考文献

IPA「情報セキュリティ10大脅威 2022」
https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2022.html

本ブログの感想や疑問、案件にまつわるお問い合わせは以下のフォームより募集しております。

 

今回は「お彼岸」についてのお話をちょこっと・・・

2022年9月22日

 

お彼岸の時期となりました。
スーパーに行くと、入り口にお彼岸用の野菜セットや、落雁などのお菓子のセットが置かれていますね。
前回は「お盆」について話しましたが、今回は「お彼岸」についてです。

春のお彼岸は3月の春分の日を中日として前後3日間を期間とし、秋のお彼岸は9月の秋分の日を中日として前後3日間の計7日間を期間とします。
今年の秋の彼岸は9月20日から9月26日とのことです。

「彼岸」という言葉は、「あの世に居る仏様の世界」や「悟りの境地に達した世界」。
私たちが暮らしているこの世は、「此岸」といいます。

此岸から彼岸へ近づくために善行を積み、先祖に感謝する期間がお彼岸です。

 

お墓参りに行ったり、お供え物をしたりして、先祖に感謝し、供養をします。
最近は、コロナの影響もあり、お墓参りもままならない状況でした。
お墓をつくらない状況もあったりします。
なんとなく、このような風習が忘れられないように、お茶やおはぎ、お菓子を供え、手を合わせる習慣を子供たちに伝えられたらと思います。

暑さ寒さも彼岸までとはよくいいますが、20日の朝は、ほんとうに秋の気配でした。

今夏は、本当に暑くて、ご先祖様に冷たいお茶を供えていましたが、お彼岸から、温かいお茶をお供えして感謝したいと思います。

参照:https://www.yoriso.com/sogi/article/ohigan/

 

本ブログの感想や疑問、案件にまつわるお問い合わせは以下のフォームより募集しております。

アルテミス計画

2022年9月20日

 

皆様こんにちは!
サービスデスクチームの森島です。

本日は、最近ニュースでも報道のあったISS(国際宇宙ステーション)にちなんで宇宙のお話をしてみます。
9月の中旬ごろにISSきぼうが見える機会がありましたが、皆さんご覧になられたでしょうか?
残念ながら私はタイミングが合わず観測できませんでした。10月での観測を楽しみにしています。

宇宙でのホットな話題と言えば、「アルテミス計画」ですね。
アルテミス計画とは、NASAが提案している月面探査プログラム全体を指します。
月への長期滞在や火星の有人探査など、宇宙への新たな足場を築くために発足されたプロジェクトです。
9月4日に宇宙船オリオンを乗せた月探査用ロケットSLSの打ち上げが予定されていました。
私も打ち上げの時を今か今かとわくわくしながらyoutubeで中継を見ていましたが、水素漏れが発生し、打ち上げ延期になってしまいました。
実は打ち上げの延期は2度目で、以前の打ち上げではエンジントラブルに見舞われました。
スムーズにスタートできなかった最初のミッションですが、この打ち上げが成功すれば月への有人着陸の第一歩になります。
今回打ち上げが予定されていたSLSには、日本で開発された小型探査機「OMOTENASHI(おもてなし)」と「EQUULEUS(エクレウス)」も相乗りしています。
このアルテミス計画では、2025年には人類が再び月へ着陸する計画です。

(画像出典元:NASA)
月面への着陸が成功すれば、月での「水」の発見や火星へ行くための燃料の補充が可能になるかもしれません。
月面での燃料補充が可能になれば、地球から火星までの燃料を乗せて運ぶ必要がなくなります。
このようにアポロ計画以来の人類の月への着陸計画が着々と進んでいます。
人類の宇宙への夢はいまや身近なものになってきていますね。

(画像出典元:CNN.co.jp)

本日はここまでにして次回はアルテミス計画について深堀していこうと思います。
ご覧いただきありがとうございました。

参考文献

JAXA 国際宇宙探査への取り組み https://humans-in-space.jaxa.jp/future/

Wedge ONLINE  多くの困難を乗り越えてでも人類が月に行く理由  https://wedge.ismedia.jp/articles/-/26097

CNN.co.jp アポロの次は「アルテミス」、来年にも1号打ち上げ 月に常駐し火星へ https://www.cnn.co.jp/fringe/35140422.html

本ブログの感想や疑問、案件にまつわるお問い合わせは以下のフォームより募集しております。

情報セキュリティのしおり②〜バイオメトリクス(生体)認証とは〜

2022年9月15日

情報セキュリティのしおり①はこちら

皆さんこんにちは。インフラサービスチーム橋本です。

皆さんはバイオメトリクス(生体)認証を身近な所でお使いでしょうか?

スマートフォンのロック解除の際に使用する、「指紋認証」や「顔認証」など
パスワード入力の必要なくロックが解除され、とても便利ですよね。
今回は、バイオメトリクス(生体)認証について以下の内容で少し深堀してみたいと思います。

目次
■バイオメトリクス(生体)認証の理解
■生体認証の種類
■メリット・デメリット
■本人拒否率(FRR)、他人受入率(FAR)

 

■バイオメトリクス(生体)認証の理解
パスワード認証のような「ユーザーが任意に決める情報」ではなく、
「生体が持つ各種特徴」を認証に用いる方式のことを言います。

事前にその特徴を採取・登録し、認証時にセンサーで取得した情報と比較する事で認証を行います。

その歴史を調べてみると、紀元前6000年頃から、
中国や古代アッシリアにて指紋を個人認証に用いていたそうです。

20世紀に入り、犯罪者の登録など、指紋データベース化が行われ本格的に利用され始めます。

その後、施設への入退室管理や金融機関のATMや携帯電話の本人認証など社会に浸透しています。

■生体認証の種類
生体認証では、指紋、顔、静脈などがよく使われますが、
その他にもさまざまな種類の生体認証が存在します。

指紋認証)
指先の指紋の紋様を指紋センサーにて読み取ることで判断します。
用途:スマホやPCのロック解除

静脈認証)
皮膚下にある血管の方向や分岐点のパターンにて判断します。
センサーによる読み取りは非接触で行われるため、衛生面でも安心です。
用途:銀行のATM

音声認証)
周波数成分の強度、時間変化などの特徴量で判断します。
用途:スマートスピーカー、スマホ

顔認証)
顔の特徴点(目、鼻、口など)から判断します。
マスク着用時や髪型や化粧が変わった状態でも認証可能なものもあります。
用途:ライブ会場や空港の入退場、スマホ

虹彩認証)
虹彩(※1)のパターンから判断します。
※1虹彩(アイリス)・・・眼のなかの黒目の部分
用途:企業でのID認証

耳介認証)
耳の形で判断します。
用途:犯罪捜査、医療現場

DNA認証)
遺伝子から判断します。
用途:犯罪捜査

行動認証)
筆跡などの習性から判断します。
用途:サイン

■生体認証のメリット・デメリット
・メリット
個人の生体情報は生涯変わることはありません。
他人による「なりすまし」が発生する可能性は低いと言われており、利便性と安全性に優れます。
ID・パスワードのように忘れないように管理する必要はなく、
認証に伴うユーザーの負担は大幅に軽減されます。

・デメリット
上記メリットで記載したような、ID・パスワードを入力する手間もなく、
利便性は高くなりますが、
以下のようなデメリットも存在します。
1. 生体情報を抜き取られると、リスクが高くなる。
2. 加齢や事故などにより、身体の状態が変化することによって認証不可能になってしまう可能性。
3. 別人が認証される可能性と、本人が認証拒否される可能性。

■本人拒否率(FRR)、他人受入率(FAR)
本人拒否率(FRR):本人が認証しているのに本人であると認識できず拒否してしまう割合
他人受入率(FAR):他人が認証を試みたときに本人であると誤認してしまう割合

両者はトレードオフの関係にあり、、一方を上げようとするともう一方が下がってしまいます。
誤って他人を受け入れてしまうほうが損害が大きい高いため、
多少本人拒否率を犠牲にしても他人受入率を下げるよう調整されていることが多くなっています。

今回は、生体認証について概要をまとめました。
個人や、企業ですでに利用、導入されている方も多くいらっしゃると思います。
本記事がセキュリティ対策について理解を深めたいという方の参考になれば幸いです。

参照)
1)スマホやATMでの導入が進む生体認証(バイオメトリクス認証)とは? 株式会社アーティス
https://www.asobou.co.jp/blog/bussiness/biometrics
2)生体認証(バイオメトリクス)とは?仕組みや種類・メリット・導入のポイント・問題点も解説
https://www.japancv.co.jp/column/2899/
3)生体認証 ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/生体認証

本ブログの感想や疑問、案件にまつわるお問い合わせは以下のフォームより募集しております。

 

IT Solution Fair 2022 in HAKATA

2022年9月12日

今回のブログは、弊社も所属しているユーオス・グループ(UOS)のイベントのご案内です。

ユーオス・グループ九州支部が主催する、「IT Solution Fair 2022 in HAKATA」が2年ぶりのオフラインで10月14日(金)に開催されます!今年のテーマは「デジタルによる共創と変革の時代」です。

会場では、32社によるDXやクラウドソリューション、AIといった多様なブース出展、4会場に別れて17のセッションが行われます。

スペシャルトークでは、岩田産業グループホールディングス代表取締役会長兼CEOの岩田陽男氏がご登壇されます。

NEXTシステムズは、DX促進をキーワードに、「チャットツール” Mattermost”」のブース出展を致します。
入場無料となっておりますので、皆さまお気軽にお越しください。

お申し込み・詳しくはこちら(https://uos.jp/kyushu2022/index.php

 

***********************************************************************************

会場 : JR 博多シティ 9階・10階(受付) 福岡市博多区博多駅中央街1−1

日時 : 10月14日(金) 11:30~17:00(11:30受付~開始)

***********************************************************************************

 

少しの工夫であなたの資料がもっとステキに!                                                ワンポイントデザインレッスン~おまけ編~

2022年9月08日

いつもお世話になっております。NEXTシステムズの河村です。
過去3回に渡って続けてきたワンポイントデザインレッスンですが、
今回はその解説の中で漏れてしまった内容について紹介を行う記事となっています。
その為、本編記事を一読されてからこちらの記事を読まれることをおススメ致します。
今回は~色の心理効果と相性編~、についての追加説明が殆どとなっていますのでそちらは特に事前に読んでおくと良いかもしれません。

第1回:ワンポイントデザインレッスン~基礎知識編~
第2回:ワンポイントデザインレッスン~色の心理効果と相性編~
第3回:ワンポイントデザインレッスン~フォントの種類と選び方編~

色の見え方~色の3属性~

色の心理効果と相性編においてポスターの中に色あいの異なる赤を2色入れたのは良いものの色が近すぎた結果、ほとんど同化してしまっている。という例が有りました。
赤、という色1つにとっても様々なバリエーションの赤がこの世界には存在しています。
それこそ最近、某芸能人が「白って200色あんねん」ってテレビか何かで言っていましたね。
そして、色を細かく分類するうえで欠かせないのが今回紹介する色の3属性です。
・色相
・明度
・彩度
の3つを要素とし、人間は色を区別しています。

色相は色のグループ分けの事を指します。
赤系、黄系、緑系、青系と大きく4つのグループに分けていくのが一般的とされています。
ピンクは赤系、水色や紺色は青系のグループ、といった感じです。
何故この4色に分類しているかというと、虹のスペクトルを参照にしているとされています。
虹は、下から赤→橙→黄→緑→青→藍→青紫の順に色が変わっています。
これを環のようにつなげる事で色が連続して変化しているように見えます。
これが色相環と呼ばれるもので、学校の美術室などでよく置かれています。

明度とは色の明るさを指す言葉です。
明度が高ければ明るくなり、明度が低ければ暗くなります。
同じ青色でも水色は明度の高い青色、紺色は明度の低い青色、という扱いになります。

彩度とは色の鮮やかさを指す言葉です。
彩度が高ければ原色に近い色に、再度が低ければ無彩色のくすんだ様な色になります。

そして、明度と彩度を縦軸横軸の関係にする事で1つの色を様々なバリエーションに表現する事が可能になります。

色が持つ様々なイメージ

黄色と灰色をベースにした銀行の決算報告書と幼稚園の入園ポスターを紹介し、色にはそれぞれ連想されるイメージがある、という事を紹介しました。
そこで各色が持つ大まかなイメージについて紹介をしていこうと思います。

赤:熱い、派手、情熱的など
オレンジ:暖かい、陽気、楽しそうなど
緑:さわやか、平和、自然など
青:寒い、澄んだ、静かなど
紫:高級感、上品、毒々しいなど
ピンク:女性的、柔らかい、甘いなど
白:清潔、軽い、純粋など
黒:暗い、重たい、シックなど

まとめ

さて、本編3回おまけ1回に渡って紹介してきたワンポイントデザインレッスンですがこれにて終了です、長きにわたりお付き合いいただきありがとうございました。
次回からは新しいシリーズ物の予定なのですが構想はまだありませんので何も思いつかなければワンポイントデザインレッスンの続きになるかもしれません。
次回の記事でお会い致しましょう、それでは~(/・ω・)/

参考文献

文部科学省後援 色彩検定公式テキスト
内閣府公認公益社団法人 色彩検定協会 発行
https://www.aft.or.jp/pages/official-product-orders

 

本ブログの感想や疑問、案件にまつわるお問い合わせは以下のフォームより募集しております。

物理学の未解決問題

2022年9月06日

サービス開発チームの濵本です。

私は大学受験に失敗し専門学校卒なのですが、若いころから夜間大学で学び直したいと思っていました。
でも、仕事が忙しく、ぜんぜん無理でした。それで今、放送大学で、仕事に影響のない範囲で学んでいます。
今年度1学期は、コンピューター系3科目、物理学1科目を選択しました。
物理はもともと興味があったけど、難しくて、もう一度勉強したいと思い選びました。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そんな物理学で、未解決問題というのがあります。
数学にもありますが、数学は良く解らないので、イメージしやすい「物理学の未解決問題」に、より興味があります。では、少し見てみましょう。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

=============
主な未解決問題
=============

・宇宙の終焉
・ダークマター
・量子重力理論
・ブラックホール、ブラックホール情報パラドックス、ホーキング放射
・階層性問題
・超新星爆発
・大統一理論
⇒なんとなく言葉でイメージは湧きますが、どうやって解決するんでしょうねえ。詳細は省略します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

未解決問題は、2種類に大別することができるそうです。

①「ひとつは自然の側から理論へと問いかけるものであり、自然が示す現象や観察結果を既存の理論が未だ説明できない場合である。」
②「他方は、理論が自然へと問うものであり、ある提案されている理論やそれが予測する新たな現象を検証したりより深く調査するための実験を行うことが、現在のところ非常に困難な場合である。」
だそうです。それぞれ、羅列すると、

======================================
理論によって説明されていない未解明の現象
======================================

・降着円盤ジェット
・加速膨張する宇宙
・アモルファス固体
・時間の矢
・バリオン非対称性
・宇宙定数
・基礎物理定数
・銀河の回転曲線問題
・高エネルギー宇宙線
・高温超伝導体
・ニュートリノ質量
・地球フライバイ・アノマリー
・天文単位の永年増加
・月の離心率の増大
・乱流
・太陽物理学
・エルゴード理論の証明
・非対称性の起源
・流星の音、オーロラの音

====================================
自然において確認されていない問い・予測
====================================

・アクシオン
・宇宙のインフレーション
・超光速
・磁気単極子
・陽子崩壊
・非摂動的領域における量子色力学(QCD)
・量子重力
・対応原理を適用した量子力学
・超対称性
・テクニカラー
・超対称性粒子と新粒子
・余剰次元
⇒等々が、未解決だそうです。ここに上げたのは、ほんの一部です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

これらは、本当に解決できるのかと思っていたら、解決された問題もありました。以下に上げます。
余白が足りないので、詳細はウィキペディアを参照ください。

=================
近年解決された問題
==================

・量子コンピュータ
・短ガンマ線バーストの起源
・失われたバリオン問題
・時間結晶の存在
・重力波の存在
・抜け穴のないベルテスト実験の実行
・ペンタクォークの存在
・光子不足の危機
・球電の存在
・ヒッグス粒子と電弱対称性の破れ
・ヒッパルコス・アノマリー
・超光速ニュートリノ・アノマリー
・パイオニア・アノマリー
・連星ブラックホールに対する数値解
・長期間のガンマ線バースト
・太陽ニュートリノ問題
・ボース=アインシュタイン凝縮の作成
・宇宙年齢問題
・クエーサーの性質

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

★まとめ★

これら、一つでも解明したら、ノーベル賞でしょうか。
解明するのは何年かかるのでしょう、100年?、1000年?、1万年?
人類はどこまでいけるのでしょうか。
それでも、日々の積み重ねの結果でしか、辿りつけないでしょう。
世界、宇宙には、まだまだわからない事がたくさんあります。
人間同士で愚かな争いをしている暇は無いと思います。

 

★おまけ★

個人的には、重力と次元に興味があります。
映画『インターステラー』が面白いです。

本ブログの感想や疑問、案件にまつわるお問い合わせは以下のフォームより募集しております。

あらためて「NEXTシステムズ」について、 NEXTシステムズのこれまで、今、そして、これから。(その2)「戦略的思考のトレーニング」

2022年9月02日

 

前回は、「パースペクティブ(本人が認識できる世界)」という話題でお届けしました。

「本人が認識できる世界」について、これは、なかなか上手く伝えられないのですが、
同じ景色を見ていても、二人いればふたとおり、十人いれば十通りの見方がある、というような感じでしょうか。

それぞれの人の経験、知識、思考、信念によって、同じ物や事柄に対しての、見方・感じ方が違ってくるというものです。
例えば、営業職のキャリアを積んできた人、事務職のキャリアを積んできた人とでは、一つの仕事の見方が全く変わってしまう場合が生じるということです。
そうなると、自らの認識がどうあるのか、またその認識をどう幅を持たせていくか、が非常に重要となると考えています。
狭い世界で事柄を認識すると発想も狭くなり、また、良いアイデアが出ても除外してしまうという事態も招くことになります。

そこで、重要なことはこうしたことを防ぎ、自らの認識の幅を拡げることを最優先としなければならないのではないか、そして、ビジネスを変革・拡張させながら、新しい時代への準備をしなければならないのではないかと、強く感じるこの頃です。

で、何をしなければならないのか、と考えた結果が、

本人が認識できる世界を拡張する、「戦略的思考のトレーニング」です。

とにかく思考の幅を拡げなければならない、変革・拡張には最優先にこれが必要であると感じております。

そして、
「売れる仕組み」を作り上げる「マーケティング」は、「戦略」に紐づく、との仮説に基づき、
これまでの重要なことは守りつつ、凝り固まった考えは捨てて、思考の幅を拡げていく、
こうしたトレーニングを積み重ねることにチャレンジすることを思い至りました。

それは何故か?
人には無意識に「達成したい目的」があるからだと考えています。
ひとは常に、顕在意識・無意識の中で何かを求めているのではないかと、私は考えています。

ということで、ひとまず「戦略」とは何か、から考えます。

戦略の定義:「戦略とは、目的を達成するために資源(リソース)を配分する『選択』のこと。」

(森岡毅著:USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 (角川書店単行本)より)

1.目的:達成したいこと
2.資源:使えるお金や人員・時間など
3.配分:分けること
4.選択:選ぶこと

「戦略とは、何か達成したい目的を叶えるために、自分の持っている様々な資源を、何に集中するのかを選ぶこと」

もっと言えば、「資源配分の選択」である。

だそうです。これだけではわかりにくにので、上記書籍の引用を続けますと、

そもそも戦略がないと何が不都合なのか?
なぜ戦略が必要なのか?

1.常に達成すべき目的があるから、
2.資源は常に不足しているから、

ということです。

確かに、何かやらなければならないことがないのであれば、戦略は必要ないし、
使える資源が無限にあるのであればやりたい放題やれば良い、とうことになります。

しかし、我々は常に何かをやらなければならない精神状態にいますし、常に何かをやっています。
また、お金は足りない、人は足りない、情報も足りない、知識はもっと足りない。などの不足状態に陥っています。

ということで、
「常に何かをやらねばならない、資源は足りない」などの焦燥感に追い立てられている私には、
戦略的思考が絶対必須のように思えてきました。

考え方は、シンプルです、まずは「達成したい目的は何か?」を考え、次に「使える資源は何か?」これを考えます。

我々がビジネスとして、大きなマイルストンとしての達成したい目的は、

「プロダクト中心のビジネス」へ転換していくことです。

この理由は、これまで業務委託を中心にシステム開発・運用管理支援を行ってきましたが、
対応する業務の幅がどんどんと広がり、これがあまりに広くなりすぎてお客様のご期待に応えることが年々厳しくなってきました。

上記の戦略の定義から考えても、「集中と選択」が現実的に必要となってきました。

このために、長期の目標として、
・オープンソースプロダクトを中心としたシステム開発
の体制を作り上げたいと考え、この数年間、組織やサービスの移行に取り組んできました。

現在も上記の目標に併せ、PHP言語やJavascriptに特化したシステム開発に集中していくようにシフトしています。
また、コロナ禍の中で定着した働き方の変革にも併せて、「リモートによるシステム開発」に取り組んでいます。
そして、これら目的の中心点となる目的が「社員の継続的な成長」です。

NEXTシステムズの、今、そして、これからの「達成したい目的」は、

(1)プロダクト中心のビジネスへの転換
(2)リモートによるシステム開発業務の受託
(3)社員の継続的な成長

です。そして、現在の課題の中心を「戦略的思考」に置いた上でビジネスを組み立てていくよう考えています。

次回は、具体的なビジネスの内容と、限られた(しかしながら強力な)経営資源について書きたいと思います。

今回も最後までお目通し頂きありがとうございます。

 

本ブログの感想や疑問、案件にまつわるお問い合わせは以下のフォームより募集しております。

今さらですが、ウイルス感染の脅威と対策について

2022年8月25日

事業戦略チーム・高野です。私ごとでたいへん恐縮ですが、お盆前に新型コロナウイルスに感染してしまいました。
詳細な症状については、個人差があるため本ブログでの記載は控えさせていただきますが、
ウイルス感染により家庭、仕事、社会活動など各方面にご迷惑をおかけすることになりました。
そこでウイルス感染からの私の学びについて、本ブログを通じて共有させていただくことにします。

1.感染の経路

よくわかっていません。普段どおり通勤し、普段どおり執務し、手洗いうがいもしていました。
執務する机にはアルコールディスペンサーを置いていたのですが、割とこまめに消毒していたつもりです。
でも、事実として私はどこかの経路から感染しました。

★感染経路となりうるモノとの接触は社会生活上では避けて通れない。
必要な接触、不必要な接触を意識することで、感染経路となる接触は減らせる。
例)エスカレータがあれば、無意識に左手でつかんでいたことを反省

2.感染の脅威

私の感染は、イコール家族の感染でもありました。
私が媒介人となって、ウイルスを平和な家庭に持ち込むことになりました。
私だけの感染でも多方面に迷惑をかけるのに、家族の生活までも危機にさらし、
家族の先にいる関係者にまで迷惑をかけることになりました。

★感染の真の脅威は、感染ではなく感染拡大にあります。
罹患した当事者の周囲に罹患者を増やすことになります。
私は若いから、私はワクチンを打っているから・・・ということよりも
感染すれば感染拡大につながるということを再認識しました。

3.感染への対策

ここまで述べておきながらですが、やはり重要なのは「対処より予防」です。
私は毎朝検温してスマートフォンアプリに入力していましたが、今回の感染は体温の変化を
見事にすり抜けてしまいました。感染初期に気づくことができなかった事実を考えると、
やはり予防策が甘かったのではないかというのが、私の考えです。

★予防策について私なりの振り返りをもとにチェックリストを作成してみました。
みなさんはいかがでしょうか?

□手洗い、うがいに充てた回数や時間は適切か?
□社会生活上で最低限度の外出や対面機会に制限しているか?
□止むを得ず外出するときは、感染予防を意識して行動できているか?

上記チェックリストに関しては、私はすべてノーマークです。

4.最後に

これをITエンジニアが淡々と述べるだけでは、わざわざ社員ブログに掲載してもらい皆さまに読んでいただく価値がないと考えています。
上記の内容をITシステムに読み換えていただけると、ITシステムのセキュリティについて改めて見つめ直していただくための気づきとなれば幸甚です。

★感染や漏洩や侵入の経路
ネットワーク接続はITシステムを運行する上で不可欠なものです。
ネットワークを極端に制限することや一切使用しないことは、いまの高度IT社会では難しいです。
そこで本当に必要な接続(通信経路)を意識することで、感染や漏洩、侵入の脅威は減らせます。

★感染の真の脅威は、感染ではなく感染拡大にあります。
自システムだけの感染や漏洩や侵入が脅威の全てではありません。
むしろ、他社システムへのウイルス感染、他社システム情報の漏洩、他社システムへの侵入接続(踏み台)となることまでを想定した脅威への対策が必要です。
感染しないこと、漏洩しないこと、侵入されないことももちろん大切ですが、万一のときは、拡大させないセキュリティ思想も重要です。

★ITシステムに関するセキュリティチェックリストです。みなさんはいかがでしょうか?
□情報セキュリティ対策に充てている回数や時間は適切か?
□事業継続上での最低限必要な通信経路に制限しているか?
□許容する通信経路についても、感染や漏洩や侵入を意識して監視できているか?

以上です。
私の拙い文章にお付き合いいただきありがとうございました。

 

本ブログの感想や疑問、案件にまつわるお問い合わせは以下のフォームより募集しております。