IT

チャットGPTを使ってみた

サービス開発チームの濵本です。

今回のブログは、今流行りの「チャットGPTを使ってみた」にしました。
流行っているだけあって、定員オーバーでなかなか入れませんでしたが、やっとつながりました。

では、早速、聞いてみましょう。まずは、
―――――――――――――――――――――――――――――――――
① 重力の謎を教えてください

<回答>
重力は、物体同士の引力のことであり、この引力が存在することによって、地球上で物体が落下したり、惑星が軌道を描いたりする現象が起こります。しかし、重力の本質的なメカニズムについてはまだ完全に理解されていません。そのため、重力は未だに科学者たちが探求している大きな謎の一つとなっています。
アインシュタインの一般相対性理論は、物体が存在する空間そのものを歪め、その歪みによって引力が発生するという考え方を示しています。この理論は、重力の説明に非常に正確であることが証明されていますが、未だに疑問が残る点もあります。
一つの疑問は、重力が他の基本的な力とどのように統合されるのかということです。科学者たちは、量子力学と重力を統合する理論を見つけるために、多くの研究を行っていますが、まだ完全に解明されていません。
また、宇宙における重力の挙動についても、未だに謎が多く残されています。暗黒物質や暗黒エネルギーなど、観測されていない物質や現象によって宇宙の大規模構造が説明されていることも、重力の謎の一つです。

<感想>
なるほど、当たり障りのない回答ですね。あまり深くは答えてくれませんでした。でも、きれいにまとめて回答してもらえるので、いろんな疑問を聞いてみると、勉強になると感じました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
② 各シートへのリンクの一覧を作成するエクセルのVBAを作ってください

<回答1>
以下のVBAコードは、アクティブなブックに含まれるすべてのワークシートに対して、各シートの名前とそのシートに対するリンクを持つ一覧シートを作成するものです。
Sub CreateSheetIndex()
Dim ws As Worksheet
Dim indexSheet As Worksheet
Dim i As Integer

‘一覧シートの作成
Set indexSheet = ThisWorkbook.Sheets.Add(After:= _
ThisWorkbook.Sheets(ThisWorkbook.Sheets.Count))
indexSheet.Name = “SheetIndex”
indexSheet.Range(“A1”).Value = “Sheet Name”
indexSheet.Range(“B1”).Value = “Link”

‘各シートの情報を一覧に追加
i = 2 ‘一覧シートの最初の空行にデータを追加
For Each ws In ThisWorkbook.Worksheets
indexSheet.Range(“A” & i).Value = ws.Name
indexSheet.Hyperlinks.Add Anchor:=indexSheet.Range(“B” & i), Address:=””, SubAddress:= _
“‘” & ws.Name & “‘” & “!A1″, TextToDisplay:=”Go to ” & ws.Name
i = i + 1
Next ws
End Sub
このVBAコードを実行するには、以下の手順に従ってください。
1. エクセルを開きます。
2. 「Alt + F11」を押して、VBAエディタを開きます。
3. 「挿入」メニューから「モジュール」を選択します。
4. 上記のコードをコピーして、新しいモジュールに貼り付けます。
5. 「F5」を押すか、「実行」メニューから「実行」を選択して、コードを実行します。
6. 実行が完了したら、エクセルのシート一覧に「SheetIndex」という名前の新しいシートが追加されます。このシートには、各シートの名前とそのシートに対するリンクが含まれています。
このVBAコードを実行すると、すでに「SheetIndex」という名前のシートが存在する場合、そのシートは上書きされることに注意してください。必要に応じて、このコードを変更して別の名前で一覧シートを作成することができます。

<回答2>
Sub CreateSheetLinks()
Dim ws As Worksheet
Dim linkText As String
Dim linkLocation As String
Dim linkAddress As String
Dim rowIndex As Integer

‘ 新しいシートを作成してアクティブにする
Set newSheet = ThisWorkbook.Sheets.Add(After:=ThisWorkbook.Sheets(ThisWorkbook.Sheets.Count))
newSheet.Name = “Sheet Links”
newSheet.Activate

‘ ヘッダー行を設定
ActiveSheet.Cells(1, 1).Value = “シート名”
ActiveSheet.Cells(1, 2).Value = “リンク”

‘ シートの数だけ繰り返す
For Each ws In Worksheets
‘ シート名を取得
linkText = ws.Name

‘ リンク先を取得
linkLocation = “‘[” & ThisWorkbook.Name & “]” & ws.Name & “‘!A1”

‘ リンクアドレスを作成
linkAddress = “=HYPERLINK(” & Chr(34) & linkLocation & Chr(34) & “,” & Chr(34) & linkText & Chr(34) & “)”

‘ 行を追加してリンクを挿入
rowIndex = ActiveSheet.UsedRange.Rows.Count + 1
ActiveSheet.Cells(rowIndex, 1).Value = linkText
ActiveSheet.Cells(rowIndex, 2).Formula = linkAddress
Next ws
End Sub

<感想>
なかなか良いですね。頑張って、毎回違うソースを考えてくれました。とても参考になると思います。勉強中の言語や、環境構築手順も教えて呉れそうです。積極的に使っていきたいですね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
③日本の今後の景気はどうですか?

<回答>
私は人工知能のChatGPTですので、経済予測を行うことはできません。しかしながら、2021年の日本のGDPは新型コロナウイルスのパンデミックによって大きな打撃を受けました。政府は、景気刺激策やワクチン接種の加速など、経済活動を再開するための措置を講じています。
今後の日本の景気については、新型コロナウイルスの感染状況やワクチン接種の進捗、世界的な景気回復の進展などによって大きく左右されることが予想されます。また、日本が直面している人口減少や労働力不足などの構造的な課題も、今後の景気に影響を与える可能性があります。

<感想>
未来の予測はできない様です。でも、ポイントを押さえている点はさすがですね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
<まとめ>
間違った回答もあるのでしょうが、今回は、かなり的を得た回答をしてくれました。何が出来るのか、いろいろ使って、試してみたいです。Googleも対抗意識を持っているので、今後は、日々賢くなっていくのでしょうね。楽しみです。

本ブログの感想や疑問、案件にまつわるお問い合わせは以下のフォームより募集しております。

関連記事

新着記事
トピックス
  1. 情報セキュリティのしおり⑨〜ゼロデイ攻撃とそのリスク管理〜

  2. クラウドの進化、AIの進化

  3. NEXTシステムズが提案する働きやすい環境づくりとは?

  1. スプーンは念力で曲がらないが、人の行動は曲げられる

  2. 2023年「宮崎県人会世界大会」開催!

  3. 【士魂商才】「あらたに、また、あらたに」:〔GoodMorningMail( 第282号)〕

TOP