レッスン・学び

決算書を読めたら何ができる??

皆様こんにちは。
NEXTシステムズの森島です。

先日、研修の一環として「決算書の読み方」講座を受講しました。

損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書、これらの言葉は聞いたことある方が多いと思います。
これら財務諸表と言われる決算書をもとに、その企業の成長性や安全性などを分析することができます。

企業の状態を測る基本的な分析法として、パーセントを用いる比較分析、金額値を用いる実数分析がありますが、
これらの方法で算出した分析値で企業の経営状況を判断します。
算出した数字が、良い数値なのかそうでないのかを判断する比較数値は、
各機関が公表している標準数値や同業他社の数値を使用します。

<数値を確認できる機関の一例>

・中小企業実態基本調査:中小企業庁
https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/kihon/index.htm
・TKC経営指標(BAST):TKC
https://www.tkc.jp/tkcnf/bast/
・全国企業財務諸表分析統計:帝国データバンク
https://www.tdb.co.jp/lineup/publish/zaimu.html
・法人企業統計調査:財務省
https://www.mof.go.jp/pri/reference/ssc/index.htm

上場企業の決算書はインターネット上でも見ることができるので、
気になる会社があれば、決算書を用いて、分析してみるのも面白いかもしれませんね。

これからもたくさん勉強し、業務に活かすことができるよう励みたいと思います。

関連記事

新着記事
トピックス
  1. 福岡が盛り上がっている!NEXTシステムズと、さくらインターネットの取り組みとは?

  2. NEXTシステムズ×さくらインターネット

  3. イベントレポート〜「さくらのクラウド」の開発秘話とこれからWebアプリにチャレンジするお話し〜

  1. 「赤い花を買ったら」:〔GoodMorningMail(第203号)〕

  2. 今回は「ハロウィン」についてちょこっとお話を・・・・

  3. 第4回UOS支部会2019年4月19日のご案内

TOP