IT

DX推進において必要なこと

みなさんこんにちは。
今日は「DXを推進するために原点に立ち戻る」と題し、少しだけお話させていただきます。

今社会では、DXがホットワードであり、システム分野の最終ゴールとして業務のシステム化
を進められている企業様も多いと思います。
ただ、既存の観念のままにDX化を進めてしまうことで、ただ業務をシステム化していくことが目的となってしまい、
いつのまにか「DX=システム化」になり、何もメリットがない活動になってしまっていることが多いような気がしています。

ここで改めてDXについておさらいしましょう。
DXとは、デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)の略で、
直訳すると「デジタル変革」です。
これは2004年に当時スウェーデン・ウメオ大学の教授をされていたエリック・ストルターマン氏の
論文で初めて提唱された言葉で、「情報技術の浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること」
と定義されています。

DXを進める上で忘れてはいけないことは、ただシステム化、IT化することではなく、
今の生活がより良くなることをゴールにし、その手段としてITを取り入れることです。


ただし、やはりDXは大きな変革が伴うことですので、
多くの予算が必要になったり、既存の慣れた業務が大きく変わることもあるため、
協力が得られないこともあると思います。
ですので、組織的に、長期的な目線でDXを進めていく協力・連携体制をとれることが
DXが成功するためには必要なのだと思います。

関連記事

新着記事
トピックス
  1. 情報セキュリティのしおり⑨〜ゼロデイ攻撃とそのリスク管理〜

  2. クラウドの進化、AIの進化

  3. NEXTシステムズが提案する働きやすい環境づくりとは?

  1. プロジェクトマネジメントについて④

  2. 今回は「夏至」についてのお話をちょこっと…

  3. ジャマイカが誇るコーヒーブランド(第2話)

TOP